NEW

パチスロ『北斗の拳』で激アツな展開!? 見どころ満載の「最終戦」が開幕!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ『北斗の拳』で激アツな展開!? 見どころ満載の「最終戦」が開幕!!の画像1

 ARROWS-SCREENの大人気企画「ペロ執事」はセカンドシーズン最終戦を迎えることとなった。

 前回の第8回では惜しくもマイナス1枚という結果で勝利を逃してしまっている。しかしながら現在は3勝2敗、セカンドシーズンのクオカードプレゼント企画ではあと1勝で「3000円分を10名」というところまでランクアップさせることができる。

 その大事な最終戦の様子は『お前はもう・・・!シーズン2nd最終戦■ペロ執事_第9回 前編』で観ることが出来る。

 今回選ばれた機種は『パチスロ 北斗の拳天昇』である。現在ホールではメイン機種として扱われている人気機種だけに設定にも期待が持てる。

 そして6号機ならではの「高設定の安定感で勝利を目指す」という、ある意味堅い機種選択といえるかもしれない。低設定の場合でもATは強力、一撃が見込めるので見せ場になりやすい機種でもある。

 ペロリナは本機の実戦が3回目だという。数は少ないながら今までの戦績は見事全勝。相性の良さを感じつつ3勝目を目指していく。

 シーサ。は本機の初打ち時に完走で2400枚を獲得、以降は度々触ることはあるが大きな出玉に繋がっていない、とのこと。今回の最終戦で再度完走を目指す。

 初めに動きがあったのはペロリナの台だ。チャンスモードに滞在していたのか、200ゲーム代の「断末魔ゾーン」で「激闘ボーナス」に当選する。

 昇舞魂は6つ、有利区間開始から100ゲームで4つも獲得し強チェリーでも2つ獲得している。気になる小役レベルは6、AT当選にかなり期待が出来るレベルである。

 そして難なく強敵3人を仕留めていきATに当選。昇舞魂と小役レベルを6という悪魔の数字に仕上げてきたのだからペロリナにとっては当然のことだったのかもしれない。

 そしてシーサ。は400ゲーム代の「断末魔ゾーン」から「激闘ボーナス」に当選、1歩遅れを取ったがペロリナを追いかける。

パチスロ『北斗の拳』で激アツな展開!? 見どころ満載の「最終戦」が開幕!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事