NEW

パチスロ6号機「待望の続編」! 新機能搭載で初代を「ぶっちぎる!?」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機「待望の続編」! 新機能搭載で初代を「ぶっちぎる!?」の画像1


 昨今、パチンコ・パチスロライターのボートレースへの進出が目立つ。

 人気タレントを起用してストーリー性のあるCMを作成するなど、ボートレースをより一層盛り上げようとする振興会の尽力もあるだろうが、そもそも、そんな彼らがボートレースに興味を持つようになったのは初代『パチスロ「モンキーターン」』のヒットによるところが大きい。

  河合克敏原作の同名作品をモチーフに据えたモンキーターンは、1G純増約2.0枚のART「SG RUSH」が出玉増加の主軸。主な突入契機は規定ゲーム数消化とCZ「超抜チャレンジ」の2種類で、規定ゲーム数は複数あるモードで管理された。

 超抜チャレンジへは、通常時のチャンス役を機に突入。継続ゲーム数は10Gor20Gor77Gの3パターンで、継続中はペラ成立時にART突入抽選が行われた。

 1セット50GのARTは9種類あるテーブルによるシナリオ管理で、V揃いは継続確定(W揃いは+100G)。消化中はチャンス役成立で上乗せ抽選が行われ、全速モードへの突入はさらなる上乗せに期待できた。

 この独創的なゲーム性は多くのファンを魅了。その後はシリーズ化され、のちのパチスロにも多大な影響を及ぼしたわけだが、先日、そんなシリーズ最新6号機『パチスロモンキーターン4』のティザーPVが公開され、早くも盛り上がりを見せている。

 そのティザーPVを見る限り、本機はAT機のようで「ゲーム数管理システム」「シナリオ管理」「超抜チャレンジ」などはしっかりと継承されている模様。

「艇王RUSH」「神速モード」と呼ばれる機能が新搭載されているようで、「初代をぶっちぎれ」との触れ込み通り、これらがシリーズ最高峰の出玉感を演出すると思われる。

 初代は主人公「波多野憲二」が実在するSG(スペシャルグレード:ボートレースの最高峰に位置するレース)に勝利し続け、グランドスラム達成で完走となった。

 その仕様は有利区間を有する6号機でも十分再現可能なだけに、往年のファンも違和感なく打てる仕様に作り込まれているハズ。導入はGW明けとの噂で、詳細はほとんど判明していないが、続報が分かり次第、当サイトでもお伝えしよう。

パチスロ6号機「待望の続編」! 新機能搭載で初代を「ぶっちぎる!?」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事