NEW

JRA2歳マイル王サリオス「ローテ決まらず」の謎……鍵を握るは「D.レーン」と外国人主義?

【この記事のキーワード】

JRA2歳マイル王サリオス「ローテ決まらず」の謎……鍵を握るは「D.レーン」と外国人主義?の画像1

 

 昨年の朝日杯FS(G1)を制し、3歳路線の主役と目されているサリオス(牡3 美浦・堀宜行厩舎)。

 新馬、2戦目のサウジアラビアロイヤルC(G3)を楽々勝利した同馬だが、圧巻は3戦目の朝日杯FSだった。好スタートから好位の3番手を確保し、残り300m時点で早々と先頭に躍り出ると、2着タイセイビジョンらを寄せ付けないどころか突き放すという横綱相撲を決めて快勝。レースレコードとなる1分33秒0を記録し、前目につけて相手をねじ伏せてレコード、という内容は「2020年3歳最強の1頭」と誰もが認めるに十分だった。

 最優秀2歳牡馬こそ、ホープフルSをこれまた余裕で勝利したコントレイルに奪われたが、直接対決がないだけに「どちらが強いのか」というのはすでにファンの語り草である。

 ただ、このサリオスの「春ローテ」が一向に発表されないのである。

「朝日杯FS勝利後、堀調教師は『馬の様子を見て、オーナーサイドと相談して決めたい』『延ばすとしたら徐々に』と語っており、有力とされているのが3月のスプリングS(G2 1800m)です。すんなりローテ発表になるかと思いきや、なかなか情報が出てきません。

 一部では『NHKマイルC→安田記念』という情報も出ています。堀調教師は『短いところも対応できる』とサリオスのスプリンターとしての資質を感じているようですし、無理にクラシック路線を選ばない可能性も。サリオス以上のパフォーマンスが続くコントレイルのいるクラシックよりも『堅実』な選択とはいえるかもしれません」(競馬誌記者)

 朝日杯FS騎乗のR.ムーアが「この馬には必ず明るい未来が待っている」と語るほどの逸材。それだけにレース選択は非常に重要だ。

 ただ、レシステンシア、サンクテュエール、リアアメリアなど、他のノーザンクラブ馬(いずれも牝馬だが)がローテを早々に決める中、サリオスだけ決まっていないという点はやはり気になるところだ。圧倒的なマイル適性を見る限り「悩ましい」タイプではあるのだろう。

 また、堀厩舎の「こだわり」が見え隠れする可能性もあるという。

「堀調教師はもともと『外国人騎手を重用』する方。すでにコンビを組んだムーア騎手、昨年短期免許で初来日し大活躍したD.レーン騎手の身元引受人でもあります。

JRA2歳マイル王サリオス「ローテ決まらず」の謎……鍵を握るは「D.レーン」と外国人主義?のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール