NEW

武豊さえ成し得なかった「大偉業」に挑戦? JRA「9年・通算48勝」崖っぷちジョッキー原田和真がプリンスリターンと出会った奇跡

【この記事のキーワード】, ,

武豊さえ成し得なかった「大偉業」に挑戦? JRA「9年・通算48勝」崖っぷちジョッキー原田和真がプリンスリターンと出会った奇跡の画像1

 苦労人にまた1つ、大きな夢が開けるかもしれない。

 1月のシンザン記念(G3)で2着したプリンスリターン(牡3歳、栗東・加用正厩舎)が、4月にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるドンカスターマイル(G1)に挑戦する可能性があることがわかった。

 今年のドンカスターマイルといえば、先日の根岸S(G3)を制したモズアスコットがすでに出走を表明。古馬のG1にこの時期の3歳馬が挑戦することは日本では考え辛いが、実はオーストラリアでは特別珍しいことでもない。

 実際にドンカスターマイルは、過去10年で3歳馬が2勝。特に2013年は1着~3着を独占しており、斤量面で有利な3歳馬の活躍が目立っている。陣営も「古馬相手になる分、ハンデが相当軽くなると思う」とアドバンテージを期待しての挑戦のようだ。

 プリンスリターンといえば、昨年12月の朝日杯FS(G1)で5着するなど、世代屈指の実力派マイラー。前走のシンザン記念も一度は先頭立ってのクビ差負けと、いつ重賞に手が届いてもおかしくない存在だ。

 ただ、何よりも本馬の活躍によって、一躍名を挙げたのは主戦の原田和真騎手だろう。

 デビュー9年目にしてJRA通算は、わずか48勝(12日現在)。当然、重賞未勝利だ。これだけを見ても原田騎手が、如何に崖っぷちのジョッキーなのかが窺える。2016年こそ自己最多の19勝を上げたが、それ以降は3勝、1勝、4勝……はっきり言って、いつ引退してもおかしくない成績と述べざるを得ない。

 しかし、そんな崖っぷちジョッキーの運命を変えたのが、昨夏のプリンスリターンとの出会いだった。

 実はプリンスリターンは当初、昨年の最優秀4歳以上古馬に輝いたウインブライトの主戦として知られる松岡正海騎手で函館デビューする予定だった。一方の原田騎手は函館には来ていたものの、騎乗依頼どころか調教をつける馬すらまともに集まらず……。

 それを見かねた松岡騎手が声を掛け、“調整役”として巡ってきたのがプリンスリターンだった。

武豊さえ成し得なかった「大偉業」に挑戦? JRA「9年・通算48勝」崖っぷちジョッキー原田和真がプリンスリターンと出会った奇跡のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?