NEW

JRA京都記念「G2男」川田将雅は今年も健在!?「強い4歳世代」クラージュゲリエが牡馬の意地を見せるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA京都記念「G2男」川田将雅は今年も健在!?「強い4歳世代」クラージュゲリエが牡馬の意地を見せるかの画像1

 16日(日)に京都競馬場で京都記念(G2)が開催される。

 例年、多くの有力馬がここから始動することが多く、過去10年でもレイデオロやマカヒキ、キズナといった3頭のダービー馬をはじめ、のちにG1を獲った馬もここをステップにしている。

 今年は昨年の秋華賞馬クロノジェネシスと、秋華賞、ジャパンC(G1)2着のカレンブーケドールの参戦で、この2頭が人気の中心となっている。

 だが、一筋縄ではいかないのがこのレース。過去10年で1番人気はわずか2勝。うち1勝はG1 6勝の名牝ブエナビスタだ。今回注目を集める2頭がブエナビスタクラスとは到底思えない。

 ここは同じ4歳世代の牡馬に注目してみたい。クラージュゲリエ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 京都2歳S(G3)を快勝して、明け3歳は共同通信杯(G3)から始動。だが、ダノンキングリーの切れ味に屈して3着に終わる。続く皐月賞(G1)は14番人気と低評価だったが、サートゥルナーリアと0.6秒差の5着と好走してみせる。日本ダービー(G1)では、ロジャーバローズから0.6秒差の6着となる。

 今回はダービー以来、約9カ月ぶりの実戦となるが、調整は順調で6日(木)の1週前追い切りでは栗東のCウッドで6F 82.4-11.8秒と好タイムを叩きだしている。最終追い切りで、さらに上積みを期待する陣営のコメントも出ている。

 クラージュゲリエは乗り替わりの多い馬で、2歳時にJ.モレイラ騎手が2度騎乗した以外はすべて違う騎手が騎乗している。復帰戦となる今回は、現在28勝でリーディングトップを走る川田将雅騎手が騎乗する。

 昨年、G1こそ1勝に終わったがG2を6勝と、無類の勝負強さを見せている川田騎手。今年、重賞は今年7鞍騎乗しているが、G2戦はうち2回で、先日行われたAJCC(G2)を勝って勝率は50%と、その相性は健在だ。京都2200mを含む京都外回りコースでは全9勝を挙げ、勝率47.4%と好成績を収めている。コースこそ違えど、2200m戦のG2を勝っているのは好材料だろう。

 また、クラージュゲリエを管理する池江泰寿厩舎の馬には9回騎乗して3勝、オーナーのキャロットファームの馬でも2勝を挙げており、これもクラージュゲリエには心強いデータと言える。

 京都コースは京都2歳S以来となるが、勝ち星を挙げているのでコースに不安はないだろう。ダービーは2400mだったが、1Fの距離短縮は歓迎できる。

 クロノジェネシスは前走まで牝馬限定戦しか走っていないこと、カレンブーケドールはジャパンCで混合戦を経験し2着しているものの、出走メンバーが現時点で始動戦をすべて落としているという不安点が残る。

 ここのところ、「強い牝馬」に注目が集まることの多い重賞。4歳世代が「強い」のは間違いないが、牡馬も牝馬に負けず劣らずレベルは高い。クラージュゲリエもそんな4歳世代の有力馬。初重賞に続く2勝目を再び京都で挙げてもおかしくない。

JRA京都記念「G2男」川田将雅は今年も健在!?「強い4歳世代」クラージュゲリエが牡馬の意地を見せるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!