NEW

JRA新規騎手「超絶狭き門」抜けた精鋭たちに驚き!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日、JRAは2020年度の新規騎手免許合格者4人を発表した。

 今年は小林久晃元騎手(現・調教助手)の息子である小林脩斗(こばやし・しゅうと)騎手、秋山稔樹(あきやま・としき)騎手、泉谷楓真(いずみや・ふうま)騎手、原優介(はら・ゆうすけ)騎手ら4名が合格を果たした。

 成績優秀者に与えられ、過去に池添謙一騎手、三浦皇成騎手も受賞したアイルランド大使特別賞は泉谷騎手が受賞。その泉谷騎手は本田優厩舎(栗東)に所属し、秋山騎手は蛯名利弘厩舎(美浦)、小林騎手は奥平雅士厩舎(美浦)、原騎手は武井亮厩舎(美浦)に所属する。

 卒業式で橋田満調教師会会長や、武豊騎手会会長らの祝辞を受けた4人には、17日に騎手免許が交付。3月1日以降にデビューする予定となっている。

「新規合格者4名は競馬学校の36期生。この代の応募者は130人を数えましたが、まず一次試験で31人にまで絞られました。そして二次試験には9人が合格し、8人が入学。騎手免許が交付されたのは、そこからさらに半減した4人です。騎手になるためのハードルの高さを思い知らされますね」(競馬誌ライター)

 狭き門を突破した合格者に待っているのは、厳しい学校生活だ。早朝の厩舎の掃除を終え、朝食後に実技。その後、昼食をとり、学科を挟むと、またも厩舎作業が待っている。さらに夜になっても交代で馬の様子を見て回るなど、とにかく馬中心の生活。この生活に音を上げる人もいて当然だ。また故障や家庭の事情などで、夢をあきらめざるを得ない場合もあるだろう。

 それらを乗り越えて今年度は4人がデビューを果たす。昨年デビューした斎藤新騎手、岩田望来騎手、菅原明良騎手らは3人ですでに100勝を超える勝ち星をあげ、さらにこれから成長が期待できる騎手も多く、『有望株が豊富な年』といわれている。

 2020年度の新人騎手候補たちは、すぐ上の先輩たち同様の活躍を見せることができるのだろうか? ルーキーの奮闘に期待したい。

JRA新規騎手「超絶狭き門」抜けた精鋭たちに驚き!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!