NEW

JRA「マイラプソディ×武豊」目線の先は「クラシック制覇」!? 共同通信杯(G3)土曜のレースにも注目!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「マイラプソディ×武豊」目線の先は「クラシック制覇」!? 共同通信杯(G3)土曜のレースにも注目!?の画像1

 12日、共同通信杯(G3)で1番人気が予想されるマイラプソディ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が栗東坂路コースで最終追い切りを行い、好時計をたたき出した。

 最終追い切りは、単走で4ハロン50.6秒、ラスト12.9秒の時計。1週前追い切りは主戦の武豊騎手を背に、3頭併せCWコースで行い、7ハロン97.9秒ラスト11.9秒をマークしている。1週前ですでに好時計を叩き出して、最終追い切りは流す程度の内容だった。それにもかかわらず、自己ベストを更新する「大物感」あふれる内容となった。

 友道調教師は「思っていたよりも時計は早くなりましたが、馬はそんなに無理をしていません。いい調教ができたと思います」とコメントし、自信を滲ませた。また、跳びが大きい馬なので広い東京コースは合っていると、同師はすでに日本ダービー(G1)を視野に入れている様子だ。

 マイラプソディはここまで3連勝で、すべてメンバー上り最速を記録している。共同通信杯の登録馬で唯一の重賞勝ち馬。これまでの戦績、調教内容からも、まさに『確勝級』である。共同通信杯で負けていられない。

 主戦の武豊騎手は、12日、自身の公式ホームページの日記を更新。マイラプソディについてクラシックパートナーの最有力と前置きをし、「3歳初戦のここで2歳時の3連勝よりもっと成長した姿を見せることができれば、いよいよ大きな夢が広がってきます」と綴っている。天才騎手の目線の先はクラシック制覇である。

 共同通信杯の勝ち馬には不思議な特徴がある。近年の勝ち馬は、ゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティといった皐月賞馬が多い傾向にある。東京コースで行われるレースだが、なぜか中山コースの皐月賞と相性がいい。クラシックの登竜門と呼ぶにふさわしいレースである。

 武豊騎手はディープインパクト以来、15年間皐月賞勝ちから遠ざかっている。同騎手が言う「大きな夢」のためには、共同通信杯は是が非でも勝ちたいレースに違いない。

 またマイラプソディの実力を測るうえで、15日(土)東京競馬場で開催されるクイーンC(G3)にも注目いただきたい。マイラプソディが京都2歳S(G3)で2着に下したミヤマザクラがクイーンCに出走する。もしここで勝つようなことがあれば、マイラプソディの評価が更に上がることになるだろう。

 今週末は、武豊騎手のクラシック戦線を占う重要な1戦に注目が集まる。

JRA「マイラプソディ×武豊」目線の先は「クラシック制覇」!? 共同通信杯(G3)土曜のレースにも注目!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!