NEW

JRAクイーンC(G3)「強力現場ネタ」を駆使!荒れにくいレースは「ヒモ荒れ」狙いで3連単勝負!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日(土)東京競馬場でクイーンC(G3)が開催される。まず過去10年のレース傾向から確認したい。勝ち馬はすべて4番人気以内の馬で、10番人気以下の馬が馬券に絡んだのは1度だけ。堅めな決着のレース傾向のため、確実に獲っておきたいレースだ。

 週末の天気予報は雨。馬場が渋ることを踏まえたうえで、現場からの「強力情報」をもとにクイーンCを予想する。

 まず「◎」はホウオウピースフル(牝3歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

の画像1

 メンバー中、唯一無敗で2勝を挙げここに駒を進めてきた。2戦とも先行押し切りのレーススタイルで危なげない勝利を収めている。クイーンCの過去のデータからも1勝馬より2勝馬のほうが圧倒的に好走している点でも本命に推す。

「初戦の川田、2戦目の田辺もかなり気に入ってくれている。水面下ではエージェントが何とかお手馬にしようと色々と画策したようです」(競馬関係者)

 乗り味抜群の評価をされており、クラシックへ向けてここでは賞金加算は必須だ。このレースでは勝ち負けすること間違いないだろう。

 また半兄にグランプリホース・ブラストワンピース(父ハービンジャー)がおり、血統面でも期待がかかる1頭。ホウオウピースフルの父はオルフェーヴルで、力のいる馬場でも十分にこなせる魅力的な血統である。偉大な兄も管理する大竹厩舎が送り出す、期待の1頭に注目したい。

「◯」はアミークス(牝3歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 8月の新潟でデビューするも3着に敗れる。負けた相手は新潟2歳S(G3)勝ち馬ウーマンズハート、阪神JF(G1)2着馬マルターズディオサだ。ハイレベルな新馬戦のため、度外視していいだろう。

 続く未勝利戦ではクイーンCと同じ東京マイルを走り、2馬身差で勝利している。コース実績があるため信頼できる存在だ。

JRAクイーンC(G3)「強力現場ネタ」を駆使!荒れにくいレースは「ヒモ荒れ」狙いで3連単勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!