NEW

JRA武豊も思わずニンマリ!? クイーンC(G3)ミヤマザクラ完勝で、共同通信杯「大本命」マイラプソディますます盤石か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊も思わずニンマリ!? クイーンC(G3)ミヤマザクラ完勝で、共同通信杯「大本命」マイラプソディますます盤石かの画像1

 敗れはしたが、レジェンドも「明日」へ期待高まる結果だったのではないだろうか。

 15日、東京競馬場で行われたクイーンC(G3)は、2番人気のミヤマザクラ(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が快勝。重賞初制覇を飾り、桜花賞(G1)戦線に大きく名乗りを上げた。

「次の桜花賞に向け、初めてのマイルの距離だったので、ちょっとタメを利かせて、どれだけ脚を使えるか測りたかった」

勝利騎手インタビューでそう語ったのは、鞍上の福永祐一騎手だ。しかし、「思った以上」の好スタートを切ったミヤマザクラは、最内枠から2番手を確保。大逃げとなったインザムービーを見るような形で、集団を引っ張るポジションとなった。

 レースは最後の直線に入っても、まだ逃げたインザムービーが7、8馬身のアドバンテージを築く消耗戦の展開。各馬がスパートに入る中、馬場の真ん中に持ち出されたミヤマザクラが一気に差を詰める。逃げ馬を交わして先頭に躍り出ると、最後は外からマジックキャッスルの強襲を抑えて先頭でゴールした。

「思った以上にスタートが良くて、いい位置を取れてしまって。粘り込む形になってしまった。(レースの展開は)不本意だったけど、馬が強かったです」

 レース後、想定していた形にはならなかったものの、ミヤマザクラの能力を称賛した福永祐一騎手。「G1を見据えてレースをしたかったけど、馬に負担をかけてしまった」と辛口だったのは、パートナーへの期待が高いからこそだろう。

 この結果に、内心ほくそ笑んでいたであろう騎手がいる。シャンドフルールに騎乗していた武豊騎手だ。

 結果こそ6番人気5着とまずまずだったが、勝ったミヤマザクラを昨年11月の京都2歳S(G3)で破ったのが、明日の共同通信杯(G3)で武豊騎手が騎乗するマイラプソディ。現時点(土曜日現在)でも、単勝1.2倍の大本命に推されているが“裏付け”が取れた格好だ。

「同日に放送された『ウイニング競馬』(テレビ東京系)のインタビューでも『今年を楽しみにしてくれている馬』と話していた通り、武豊騎手もマイラプソディには、相当期待しているようですね。

 現在、デビュー3連勝中ですし、本人も『ただ勝つだけじゃなくて内容もいい』と最高級の評価を与えています。クラシックパートナーの最有力として、共同通信杯は負けられないところでしょう」(競馬記者)

「ここを決めて、クラシックに向かいたい――」

 番組のインタビューで、そう力強く語っていた武豊騎手。昨年の2歳G1を勝ったサリオス、コントレイルが中心となっている3歳牡馬クラシック路線だが「3強対決」に持ち込めるか。16日の共同通信杯は、春のクラシックの行方を占う一戦になりそうだ。

JRA武豊も思わずニンマリ!? クイーンC(G3)ミヤマザクラ完勝で、共同通信杯「大本命」マイラプソディますます盤石かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事