NEW

パチンコ「超連チャン機のツボ」!?「勝率7割」を超えるドンキホーテ「完全攻略」へ……【谷村ひとしパチンコ実戦記】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「超連チャン機のツボ」!?「勝率7割」を超えるドンキホーテ「完全攻略」へ……【谷村ひとしパチンコ実戦記】の画像1

 2020年は『P花の慶次~蓮』で決まりです。

 2月3日東京のホールをはじめ全国に順次上陸して、新しい慶次ブームを巻き起こしています。

 RUSHはその名のとおり連チャンが売り。10連~20連がザラにあるという連チャン重視のスペックが、約2400発の出玉重視の黒慶次こと『真・花の慶次~漆黒の衝撃』の2~3連多発にガッカリしていたファンへ、救いの手を確変継続率82%で、差しのべています。

 転落抽選率約520分の1という“一体いつ転落するんだ”という嬉しいスペックで、100回転めの『黒慶次』の恐怖が一気に解消されています。仕事の関係で夕方か夜閉店間際での連日実戦で、RUSH中閉店も多く1万発クラスのオンパレードにお客さんたちも閉店まで、慶次のコーナーから離れません。

 勝率7割を超えるドンキホーテが、見つけた『慶次蓮』、連チャンのツボをお話しします。

 RUSHに入るには通常時、淡々とした『黒慶次』と違って、ド派手に、慶次の顔が液晶全面でフラッシュする“傾奇者来臨演出”から始まる保留変化や、傾奇御免状の秀吉カウントダウン0からの激アツ演出オンパレードを楽しめます。

 ただし、この慶次の人気はスタート弱予告からのチャンス目リーチや、出陣チャレンジや、いきなり戦演出や、もののふチャンスからも大当りが期待出来るところにあります。

 チャンス目成立から秀吉金カットインや城門突破カットインは、いきなり戦演出では必須です。もののふチャンスは、2007年の初代『花の慶次~雲のかなたに』を思い出した方も多いのではないでしょうか。

 温故知新のパチンコ台が増え、どこか懐かしいと思うのは最初だけ、あの頃のように連チャンしないと、ソッポを向かれているのは、『Pツインループ花満開』や出玉の少ない『P元祖大工の源さん』。『Pエヴァンゲリオン~シト、新生』は、『使徒再び』の懐かしさでスマッシュヒット中ですが、連チャンや出玉が物足りず、『P花の慶次~蓮』に流れたお客さんが多い印象の2月でした。

 その『慶次蓮』で、連日RUSH中閉店を迎えているドンキホーテは、この転落抽選のツボを見破ったのです。

 RUSH中大当り確率は129分の1なので、100回転以内や、100回転めをクリアしたあと130回転前後でよく当ります。そこで倍ハマリの260回転前後が、一番の大当りポイントでもあり、ダメな台は転落抽選確率の520分の1の半分260回転付近の落とし穴もあり得るのです。

パチンコ「超連チャン機のツボ」!?「勝率7割」を超えるドンキホーテ「完全攻略」へ……【谷村ひとしパチンコ実戦記】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事