NEW

パチンコ「最高役物」と「マル秘機能」……羽根物ファンを虜にした名機!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「最高役物」と「マル秘機能」……羽根物ファンを虜にした名機!!の画像1

 P機における羽根物としては第二弾となる『PAハネモノ怪盗おそ松さん』。P機ということで「設定」が付いているものの、『羽根モノスカイレーサー』同様、おまけ程度の意味合いとなっている。

 しかも設定差のある直撃大当りを引き当てても最高ラウンドとなる10Rが約束されるわけでも時短が付くわけでもないので、まさに「おまけ」。ゲーム性を含め、直撃大当りに関しては気にする必要はほとんどない。

 こう書くとなんか否定的な印象を与えかねないが、裏を返せば、本機は「純粋な羽根物」として機能していることを意味しているのである。つまり、時短もない、連チャン機能もない、役物による物理的な大当りを重ね出玉を増やしていくタイプのものなのである。

 では、基本的なゲームの流れを説明していこう。

 まずは役物の下にある始動口、いわゆるスタートチャッカーを狙って玉を打ち出す。ここは1チャッカー・2チャッカーを搭載した一般的な羽根物と異なり、すべてこの「ヘソ」で処理される。

「ヘソ」に玉が入ると役物上部にある7セグが始動。停止した数字の数だけ羽根が開放する仕掛けとなっている。停止する数字は「1」「2」「3」が基本となるが、ほぼ9割が「1」となる振り分けになっている。ちなみに、「6」が表示されると直撃大当りの大チャンスとなる。

 次に、羽根から入賞した玉は三段構造の役物で大当りを目指すこととなる。ただ、三段構造とはいっても上段から中段へは必ず移行するので、実質的な障害は2段階となっている。

 では、上段の役割とは何かといえば、搭載されたクルーンの穴から中段に運ばれると約1/2で最終段階となる下段まで到達する、いわゆる「スペシャルルート」として機能しているのである。

 中段には回転盤が搭載されており、2つある下段ルートに直通する当りポケットへの入賞を狙うのだが、クルーンの穴を通らずに手前から中段に移行すると2/12の確率となるが、回転盤の中央が十字型にくり抜かれているので、上段クルーンから真上に落下してくると、下段到達のチャンスが2/4の確率までアップするのである。

 そして、大当りの成否を分ける下段役物。『天下一閃』である。これ以上の説明はない。ただ、玉が下段ステージに到達してから一定の時間に天下一閃役物のハズレ穴を塞ぐシャッター役物が発動するのである。

パチンコ「最高役物」と「マル秘機能」……羽根物ファンを虜にした名機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事