NEW

「パチスロ6.1号機」で出来ること……「これからのパチスロ」を予想!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パチスロ6.1号機」で出来ること……「これからのパチスロ」を予想!!の画像1

 ひっそりと噂になっていた「パチスロ6.1号機」の概要が遂に正式な形で発表された。

 日本電動式遊技工業協同組合の説明によると「スタートレバー、ボタン等を使用した演出の緩和」「ビデオリール演出の緩和」、そして「ペナルティ規制の緩和」の3項目が認められたようだ。

「スタートレバー、ボタン等を使用した演出の緩和」とは例えるならば『パチスロ 鉄拳2nd』の「鉄拳アタック」や『パチスロ ゼーガペイン』の「セブンインパクト」のような演出を作ることが可能になったということだ。

「ビデオリール演出の緩和」とは、『パチスロ カイジ』や『パチスロ ガールズ&パンツァー』などのようなミニリールがメイン、液晶で演出用のリールを使うという機種が制作可能になったということだ。

 実はこれらのことは6号機では「ユーザーを惑わす可能性のある演出」として許可されなかった項目だ。これにより更に多種多様な演出が楽しめるようになる。

 そして一番のキモは「ペナルティ規制の緩和」の項目だ。ペナルティに関しては当該ゲームのみ、以降のゲームには影響しない形での許可となる。

 これにより通常のベースを5〜10ゲーム下げることが可能になるという。どういうメリットがあるかというと、回らなくなる分を「平均出玉を増やす」だったり「当たりやすくする」という設計ができる。

 つまり従来の6号機よりも「間延びしなくなる」ということだ。

 ベースが抑えられていた6号機は過去にもあった。『パチスロ チェインクロニクル』がそれだ。本機の「ちぇんくろ学園」というボーナスでありペナルティでもある機能はユーザーに受け入れてはもらえなかった。

 この頃からメーカーは「低ベースで機種を作りたい」という意思はあったものの、「ちぇんくろ学園」以外での低ベース化が難航していた。

「パチスロ6.1号機」で出来ること……「これからのパチスロ」を予想!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事