NEW

JRA武豊セランUAEオークス挑戦に「夢が広がる」。松永幹夫調教師「落ちついている」結果が出れば、米ケンタッキーオークスへ

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA武豊セランUAEオークス挑戦に「夢が広がる」。松永幹夫調教師「落ちついている」結果が出れば、米ケンタッキーオークスへの画像1


 2月20日、メイダン競馬場で開催されるUAEオークス(G3、ダ1900m)に、日本調教馬セラン(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)が出走を予定している。鞍上は武豊騎手が務めるという。

 セランの父は10年のBCジュヴェナイル(米G1)などを勝利したUncle Mo。母馬Tiz Miz SueはオグデンフィップスH(米G1)など通算8勝、そして母父にはブリーダーズカップ・クラシックを史上初めて連覇したTiznowがいる良血馬だ。

 今年1月の呉竹賞(1勝クラス)で、セランは見事な逃げ切り勝ち。管理する松永幹夫調教師はレース後に「UAEオークスに向かいます。レース後に前田幸治オーナーと話をして行くことになりました」と明かした。さらにここはケンタッキーオークス(G1)のポイント対象レースでもあるため、「いい競馬をすれば米国に向かう予定」と、米国3歳牝馬No.1を決めるレースへの挑戦も視野に入れている。

「松永幹夫調教師と武豊騎手、そして前田オーナーでの米国挑戦といえば、ラニを思い起こすファンも多いハズ。ラニもUAEダービーで優勝を果たし、ケンタッキーダービーへの出走権を手にしました。その後、米クラシック三冠を完走し、最終戦のベルモントSでは3着に入っています。

 セランもここで結果を残して、ケンタッキーオークスへの道を切り開いてもらいたいですね。今年のUAEオークスは6頭で行われ、セランは2番ゲートから発走予定。同馬も有力視されていますが、UAE1000ギニー(L)を制したゴドルフィン所有のDubai Love、そして3馬身1/4差の2着に入ったDown on Da Bayouらが人気を集めると見られています」(競馬誌ライター)

デビュー前から米国遠征プランを聞いていた武豊騎手も『日刊スポーツ』の取材に「ここで結果を出せたら楽しみ。ここまでくることができた。夢が広がる」と意気込み。

 松永幹師はすでにUAE入りしたセランについて、順調だと明かし「日曜の追い切りも良かったと聞いている。環境にも慣れやすく向こうでも落ちついている」と状態を説明。「ここでいい結果を出してほしい」と期待をかけた。

 ここをステップにアメリカへ向かうことができるだろうか? セラン×武豊騎手の好走を期待したい。

JRA武豊セランUAEオークス挑戦に「夢が広がる」。松永幹夫調教師「落ちついている」結果が出れば、米ケンタッキーオークスへのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!