NEW

【JRAフェブラリーS】必見!「武豊とルメールが恐れる馬はコレ!」ダート界の常識を覆す衝撃の穴馬を実名公開!

ダートの強豪が揃ったフェブラリーS

 2月の東京開催もいよいよ今週末でフィナーレ。その最後を飾るのは、ダート王を決めるフェブラリーS(G1)だ。過去にコパノリッキー、トランセンド、エスポワールシチー、アグネスデジタル、アドマイヤドン、そして地方所属馬のメイセイオペラなどが勝利してきた伝統のレースだ。また武豊騎手は現役最多の5勝(ゴールドアリュール・カネヒキリ・ヴァーミリアン・コパノリッキー・インティ)を記録しており、今年連覇を達成すれば6勝という、もはや誰も達成できないであろう境地に到達する。

 今年は武豊とともに連覇を目指すインティ、安田記念の勝ち馬で根岸S優勝のモズアスコット、JBCクラシックの勝ち馬ケイティブレイブ、マイルチャンピオンシップ南部杯優勝のサンライズノヴァ、ホープフルS優勝馬タイムフライヤー、さらに地方に移籍した元JRA所属でフェブラリーS優勝馬ノンコノユメ、プロキオンS優勝馬アルクトス、みやこS優勝馬ヴェンジェンス、武蔵野S優勝馬ワンダーリーデルといった実績馬が出走を予定。G1・Jpn1級の勝ち馬は6頭を数え、2020年最初のG1レースに相応しい見応えのあるレースとなった。

 過去10年で1番人気は4勝しているが、2014年には最低16番人気コパノリッキーが勝利したほか、過去に何度も穴馬が激走しており、この10年で90万馬券を含め合計3本の10万馬券が飛び出している。果たして今年はどんな傾向なのだろうか。馬券は固く収まるのか、それとも万馬券、いや驚くような高額万馬券が飛び出すのか。様々なリサーチをしてみると、意外な結論にたどり着いた。なんと

「鉄板も鉄板、と言える軸馬、その相手として不足ない3頭の情報を得ています。その中には今でもマスコミがノーマークの穴馬もいますので、配当妙味もグッと上がっていますよ」

 とある競馬関係者が衝撃の事実を語ってくれたのだ。その事実を教えてくれたのは、競馬界最強の関係者集団が集まる「マスターズ」だ。そもそも一般的な競馬マスコミとマスターズの競馬関係者集団は何が違うのか。まずはその差をマスターズのスタッフに解説してもらった。

「人員不足に喘ぐ競馬マスコミが、やっとの思いで記事にする情報を工面(一人の記者の取材内容を新聞各紙で共有することもしばしば)する中、マスターズでは競馬関係者と密接な関係を結び、現場レベルの話を直に入手しています。そのネットワークは東西のトレセンのみならず、現代競馬のカギとなる外厩(育成牧場)や、津々浦々の競馬関係者に至るまで多方面に広がっています。

 競馬において馬券を的中させるためのキーワードは「馬主」「厩舎」「騎手」の3つ。競走馬を勝たせることで、一つの目標を共有するこの三者の本音や裏事情を知ることが、馬券的中への最短ルートなのです。マスターズでは、この「馬主」「厩舎」「騎手」にそれぞれ特化した3つのセクションを組織して情報収集をしています。新聞各紙が無印の人気薄でも、マスターズが掴む現場情報を知っていれば、堂々本命を打って10万円台の配当さえ狙い撃ちできるのです」(マスターズのスタッフ)

 このマスターズ、先週もフェブラリーSと同じコースである東京ダート1600m戦で、マスコミがほぼ無印にしていた11番人気馬の激走を見抜いて3連単11万2500円を的中。さらに4万馬券が飛び出した一昨年のフェブラリーSも的中させており、このコースの傾向や情報は完全に把握している。まさに週末に迫ったフェブラリーS的中の鍵を握る存在なのである。

フェブラリーSの前哨戦根岸Sも万馬券的中

 マスターズは昨年189本の万馬券を的中、そして今年も万馬券を連発しており、先週(2月15~16日)も11万馬券を筆頭に3本の万馬券を的中。さらに1月25日には、驚くことに3連単40万1980円的中という衝撃の特大高額万馬券を仕留めているのだ。このマスターズの情報こそ、どんなスポーツ紙や競馬専門紙よりも価値があるもの。すべての競馬ファン、そして競馬を始めようと悩んでいるビギナーにも必須のものといえるだろう。

1月25日の中山12Rで40万馬券をズバリ!

 そして週末に行われるフェブラリーSの最新情報について、マスターズだけが知る衝撃の穴馬を教えてもらえることが判明した。

「それは密かに武豊とルメールが恐れる馬と話題になるほどの情報馬です。さすがにこの場で具体名をあげると、土曜以降のオッズに大きな影響が出ますし、マスコミの印が変わることが考えられます。ですので、ここでは明かせません。しかし、レース当日、特別に公開する無料情報にてその存在を公開します。

 この馬については、マスターズが契約する情報網より特別に無料公開の許可が得られました。普段この関係者情報からは『大っぴらに広めないで欲しい』と釘を刺されることも多いのですが、競馬をも盛り上げるためにプラスとの判断もあり、異例の無料公開が決定したのです。絶対にオススメですので、ぜひ利用して欲しいと思います」(マスターズのスタッフ)

 前述したように、フェブラリーS優勝馬にもっとも近い鉄板級の軸馬、そして高配当の立役者となり得る穴馬、それを完全に独占入手したマスターズが提供する「フェブラリーSの無料情報」。これはもはや競馬ファンにとって事件ともいえるだろう。それもそのはず、このフェブラリーSをきっかけにマスターズの凄さが世に知らしめるかもしれないからだ。

 マスターズは「フェブラリーSの無料情報」だけでなく、独自に入手した様々な情報を無料で公開している。中でも「追い切り注目馬X・秘密の万券ヤリ話・今週の重賞出走馬・平場戦の達人S氏とS氏の右腕が推奨する厳選レース」といった人気コンテンツは必見。これらのコンテンツを有効活用することで、マスターズの凄さと奥深さをさらに知ることができるだろう。

 多くの競馬ファンに注目されてからでは遅い。まずはフェブラリーSの無料情報を今すぐチェックしよう。そして誰よりも早くこのマスターズを使いこなし、フェブラリーSはもちろん、来週から始まるクラシックシーズンに向けて万全の準備をしておきたい。

CLICK→【無料公開!フェブラリーS・3点勝負&穴馬】マスターズ

※本稿はPR記事です。

【JRAフェブラリーS】必見!「武豊とルメールが恐れる馬はコレ!」ダート界の常識を覆す衝撃の穴馬を実名公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!