NEW

JRAフェブラリーS(G1)「天敵」除外で武豊インティ連覇濃厚!? 追い切り「自己ベスト」マークの王者に待ったをかけるのは……

【この記事のキーワード】

, ,

JRAフェブラリーS(G1)「天敵」除外で武豊インティ連覇濃厚!? 追い切り「自己ベスト」マークの王者に待ったをかけるのは……の画像1

 23日(日)東京競馬場でフェブラリーS(G1)が開催される。連覇をかけて挑む「逃げ馬」インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)に注目が集まる。クリソベリル、ゴールドドリームがサウジ遠征で不在のため、主役の座は譲れない。

 19日、インティは栗東坂路コースで最終追い切りを行い、4ハロン51.1秒ラスト12.5秒の自己ベストの時計をマークした。この走りに野中調教師は「思ったより時計が出ている。以前は坂路で動けるタイプでなかったが、それだけ動ける体になっているのかな」とコメント。連覇に向けて仕上がりは万全である。

 そして20日、フェブラリーSの出馬表がフルゲートの16頭で確定した。この出馬表がインティにとって追い風となる。

「今回のフェブラリーSはメンバーを見ると逃げ馬不在のため、インティの『単騎』逃げが濃厚だろう。特別登録の段階では逃げ馬ドリームキラリがいたが、賞金順で除外になった。もし出走回避馬が2頭いたら、繰り上げ出走になっただけに運も味方している。陣営は胸を撫でおろしているはずだ」(競馬記者)

 もしドリームキラリが出走していたら、ハイペースな逃げを打つため、インティの位置取りも変えざるを得なかっただろう。

 インティは昨年のみやこS(G3)でスマハマらが作ったハイペースに巻き込まれ、まさかの15着と大敗を喫した。続く、チャンピオンズC(G1)はマイペースで逃げ、クリソベリル、ゴールドドリームに差されたものの3着に粘りこむ健闘を見せた。

 そして前走の東海S(G2)は因縁の相手スマハマが出走したため、ハイペースを嫌い初めて控える競馬をした。結果は3着、先行という選択肢も広がり収穫もあったが、やはり「ハナ」が理想なのではないだろうか。

 野中調教師は「枠順が出た後に武豊騎手と作戦を決める」と前置きしながらも、「できれば『ハナ』」とコメントしている。

「もし、インティの単騎逃げとなれば、連覇は濃厚になるでしょう。しかし、各陣営がそう易々と逃げさせてくれるとは限らない。

 近走、先行する競馬が板についたサンライズノヴァ。G1初騎乗の長岡騎手が手綱をとるケイティブレイブも先行馬。怪しい馬はいるものの逃げると断言はできない。だが、誰かは仕掛けにいくのではないだろうか」(競馬記者)

 出馬表発表でインティの単騎逃げ濃厚となったフェブラリーS。各陣営の駆け引きにも注目だ。

JRAフェブラリーS(G1)「天敵」除外で武豊インティ連覇濃厚!? 追い切り「自己ベスト」マークの王者に待ったをかけるのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!