NEW

JRA武豊「大レース1番人気」惨敗続きに一抹の不安!? フェブラリーS(G1)インティ絶好調も「単勝1.5倍」マイラプソディで2020年重賞4連敗中……

【この記事のキーワード】

, , ,

 23日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(G1)。今年の主役は、連覇が懸かるインティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)だ。

 ダート王決定戦となった昨年のチャンピオンズC(G1)で3着。しかし、今回は勝ったクリソベリルと2着のゴールドドリームがサウジアラビアへ遠征中。4着のチュウワウィザードまで不在となれば、その実績は断トツだ。

 注目の最終追い切りでも栗東の坂路で4ハロン51.1秒と自己ベストをマーク。陣営も「(前走の)東海Sより良い」と胸を張る。肝心の枠順も3枠5番と「ハナ行けるんやったら理想的」とは野中調教師、メンバーを見渡しても単騎逃げが濃厚な状況だけに、いよいよ連覇へ期待が高まっている。

 しかし、そんな本命馬に一抹の不安がある。しかも、それが百戦錬磨の「主戦・武豊騎手」というから驚きだ。

「今年のフェブラリーSはインティとモズアスコットの『2強』と言われていますが、1番人気はおそらくインティになるでしょう。

ただ、実は武豊騎手は今年、重賞で1番人気を飛ばしているのが結構目立っているんですよね……。経験豊富で1番人気のプレッシャーなど皆無の大ベテランですが、何故か重賞では結果が出ていません」(競馬記者)

 確かに今年、武豊騎手は京都金杯(G3)のカテドラル(17着)、日経新春杯(G2)のレッドジェニアル(7着)、東海Sのインティ(3着)、そして共同通信杯(G3)のマイラプソディ(4着)と4度の重賞で1番人気馬に騎乗しているが、いずれも未勝利。インティこそ馬券圏内を確保したが、他の3頭は馬券圏外に“惨敗”している。

 特に、単勝1.5倍に推された共同通信杯(G3)においてのマイラプソディの敗戦は、ショックと共にまだ記憶に残っているファンも多いはずだ。

「実は今年は武豊騎手に限らず、重賞における1番人気馬の不振が目立っています。先週こそ、京都記念(G2)でカレンブーケドールが人気に応えましたが、それまではAJCC(G2)のブラストワンピースただ1頭でした。先週のマイラプソディや、ルナシオン(クイーンC)のように馬券圏外へ消えることも多く、やや波乱のレースが続いている印象です」(同)

 武豊騎手といえば、歴代最多のJRA主催G1・77勝すべてが4番人気以内という「本命党」を代表するジョッキー。先月放送された『うまンchu(ハート)』(関西テレビ系)でも「自分に合う馬は?」という問いに「強い馬!」とジョークで即答するなど、実力馬に騎乗した際の安定感は天下一品だ。

 しかし、今年は重賞で4度の大チャンスがありながらも未勝利と、やや心配な状況……。実績、調子、そして枠順と3拍子揃ったインティで不振を吹き飛ばせるか。レジェンドの名誉挽回劇に期待だ。

JRA武豊「大レース1番人気」惨敗続きに一抹の不安!? フェブラリーS(G1)インティ絶好調も「単勝1.5倍」マイラプソディで2020年重賞4連敗中……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!