NEW

JRA武豊ワールドプレミア天皇賞・春「回避」にガッカリ……友道調教師「無理して使わない方がいい」春全休の可能性も

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA武豊ワールドプレミア「天皇賞・春(G1)回避」にガッカリ……友道調教師「無理して使わない方がいい」春全休の可能性もの画像1

 21日、昨年の菊花賞(G1)を制したワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が予定されていた天皇賞・春(G1)を回避することが決まった。

 昨秋の菊花賞を制し、牡馬クラシック最後の一冠をものにしたワールドプレミア。皐月賞馬サートゥルナーリア、ダービー馬ロジャーバローズら春のクラシックホースが不在の一戦で大きく存在感を示すと、年末の有馬記念(G1)でも古馬を相手に3着に好走。今年は古馬王道路線の主役の1頭として期待されていた。

有馬記念後、天皇賞・春を目標に調整されていたが、体調が整わなかった様子。『デイリースポーツ』の取材に応じた友道康夫調教師も「無理して使わない方がいいと判断しました」と、すでにノーザンファーム早来で再休養に入っているようだ。

「陣営としてもショックですが、主戦の武豊騎手はワールドプレミアに対して大きな期待を掛けていただけに、今回の再調整は残念だと思います。今後は馬の様子を見て決めるとのことですが、5月の天皇賞・春を回避する決断を下しただけに、春全休という結果になってもおかしくありません」(競馬記者)

昨年の有馬記念後、3着に敗れはしたが「この馬が日本でトップクラスの馬である、という気持ちは変わりません」と、その素質を高く評価していた武豊騎手。3200mを走る毎年の天皇賞・春にとって、3000mを勝ち切った前年の菊花賞馬は、まさに「主役」と呼べる存在だ。

しかし、今年は残念ながら“主役不在”の一戦となってしまうようだ。

JRA武豊ワールドプレミア天皇賞・春「回避」にガッカリ……友道調教師「無理して使わない方がいい」春全休の可能性ものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!