NEW

JRAワーケア「驚きのローテ」発表!? 思い出されるダノンプレミアムの悲劇……

【この記事のキーワード】

, ,

JRAワーケア「驚きのローテ」発表!? 思い出されるダノンプレミアムの悲劇……の画像1

 3月8日に開催される弥生賞(G2)に出走を予定しているワーケア(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)に、驚きのプランがあることがわかった。

 『東スポ』の取材で、「もし弥生賞を勝って賞金を加算できるようなら、皐月賞(G1)はパスして日本ダービー(G1)に直行することも考えている」と手塚調教師が明らかにした。理由は体質が弱く、疲れが抜けるのに時間がかかるためである。

 ワーケアはデビュー戦で単勝1倍台の支持に応え、2馬身半差の勝利。2戦目のアイビーS(L)も3馬身差の圧勝を決める。昨年末のホープフルS(G1)は2歳王者コントレイルの3着に敗れたものの、世代屈指の実力者であることに変わりはない。今後の動向に注目が集まる1頭だ。

 今年のクラシック戦線はホープフルS勝ち馬「コントレイル」、朝日杯FS(G1)勝ち馬「サリオス」、京都2歳S(G3)勝ち馬「マイラプソディ」の3強と見られてきた。

 しかし、9日のきさらぎ賞(G3)で、世代トップレベルと目されてきたアルジャンナが、まさかの3着。そして翌週16日の共同通信杯(G3)では、「3強」の一角マイラプソディもまさかの敗戦となり、世代の勢力図は混とんとしてきている。

 このような状況になり、「ワーケアにも皐月賞制覇のチャンスが出てきた」と思ったファンも多いだろう。それだけに弥生賞からの日本ダービー直行プランには驚きを隠せない。

 日本ダービー制覇への王道ローテーションは皐月賞経由だが、近年日本ダービーへのステップも多様化している。ロジャーバローズ、キズナは「京都新聞杯(G2)」、ディープスカイ、キングカメハメハは「NHKマイルC(G1)」から日本ダービー制覇へと駆け上った。

 ステップレースが多様化しているとは言え、弥生賞と上記2レースでは開催時期が大きく異なる。

「京都新聞杯、NHKマイルCは日本ダービーの3週前に行われるため、叩きの意味合いが大きいレースになる。しかし、弥生賞から日本ダービーだと約2カ月半の間隔が空くため、ぶっつけ同然。2年前にダノンプレミアムも弥生賞から日本ダービーに挑んで大敗しているだけに、不安は大きい」(競馬記者)

 ダノンプレミアムは皐月賞をケガにより回避したため、弥生賞から日本ダービー直行となった。体質面の不安という点で、ワーケアは大きく異なるため、同じ土俵で考えないほうがいいかもしれないが、一抹の不安はぬぐい切れない。

 だが、手塚厩舎は一昨年の菊花賞(G1)を3カ月間隔の空いたフィエールマンで制している。また生産者のノーザンファームは外厩が充実しており、仕上がった状態でレースに挑めるのは強みである。

 弥生賞には素質馬・サトノフラッグが既に出走を表明している。皐月賞と同じ条件で行われるレースのため、他にも多くのライバルの出走が予想される。ローテーションを懸念する声もあるが、まずはここを突破することができるかどうかだろう。

JRAワーケア「驚きのローテ」発表!? 思い出されるダノンプレミアムの悲劇……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!