NEW

パチスロ「いそまる」実戦の衝撃!「まさかの展開」を見逃すな!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「いそまる」実戦の衝撃!「まさかの展開」を見逃すな!!の画像1

 パチンコ・パチスロ動画界の王者「スロパチステーション」は2月14日でチャンネル開設6周年を迎える。

 チャンネル登録者数は107万人を超え、配信動画の総視聴回数は1億回まであと1歩というところまで来ている。

 今回はそんな同チャンネルで全力で走り続けているいそまるの動画『【ミルキィホームズ】この台ヤバすぎ!?事件を見逃すな!【いそまるの成り上がり回胴録#480】』をご紹介したい。

 タイトルにある事件とは実戦機種である『探偵オペラ ミルキィ ホームズ 1/2の奇跡』の題材が「探偵」であることに掛けているのだろう。

 しかしながら本当に事件は起きたのである。なんと開始7ゲームで疑似ボーナスに当選したのだ。

 実は本機の継続システムに秘密がある。本来であれば初当りで有利区間がリセットされる。有利区間開始から約70%で連荘する、という仕様だ。

 設定変更であれば、有利区間開始の何割かで内部的に連荘ゾーン(アンコールゾーン)からスタートする場合がある。例えるならば『スーパードラゴン』や『パチスロ ガールズ&パンツァーG~これが私の戦車道です!~』のような仕様だ。

 今回の事件は設定変更の恩恵で内部的に連荘ゾーンからスタートしていた、ということだろう。

 本来ならば5連荘目に大量獲得の「みるきぃあたっく」のチャレンジに突入するが、連荘ゾーンから当選したため4連荘目にチャレンジに突入している。

 いそまるはこの疑似ボーナスから爆発、最初のチャレンジは失敗するも、2度目のチャレンジでは「みるきぃあたっく」に突入し獲得を増やしていく。

 一通りの事件を解決し、台を移動する。次に選んだ機種は『パチスロ 盗忍!剛衛門』である。なるほど、「探偵」の次は「怪盗」の機種を選んだということか。

パチスロ「いそまる」実戦の衝撃!「まさかの展開」を見逃すな!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事