NEW

JRA「9位→99位」大不振・松永幹夫厩舎、中山記念(G2)出走ラッキーライラックが窮地を再び救えるか

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA「9位→99位」大不振・松永幹夫厩舎、中山記念(G2)出走ラッキーライラックが窮地を再び救えるかの画像1

 今年いまだ2勝の栗東・松永幹夫調教師が3月1日(日)の中山記念(G2)にラッキーライラック(牝5歳)を送り出す。

 松永調教師は昨年、自己ベストを更新する42勝をマークし、全国リーディング9位に入った。昨年の同時期(~フェブラリーS開催週)にはすでに7勝を挙げていたが、今年は一転、2着が10回ありながら、わずか2勝。勝ち運に見放され、全国リーディングは昨年の9位から99位と大きく順位を落としている。

 実は松永調教師は2年前の2018年もフェブラリーSの週を終えて、2勝という苦しい年を送っていた。その窮地を救ったのが当時3歳のラッキーライラックだった。

 2歳時に3連勝で2歳女王に輝いたラッキーライラック。春の牝馬クラシック戦線に向け、チューリップ賞(G2)に出走し、単勝オッズ1.8倍の圧倒的人気に応え、松永調教師に同年3勝目をプレゼント。その後、同調教師は勝ち鞍を重ね、最終的には全国リーディング15位の「35勝」までその数を伸ばした。

 あれから約2年。ラッキーライラックが再び松永調教師の窮地を救うべく、強豪が集う中山記念に出走する。

 前走の香港ヴァーズ(G1)はグローリーヴェイズに0.6秒差という完敗を喫したラッキーライラックだが、2走前のエリザベス女王杯(G1)を制するなど、一時の不振からは完全に脱却。今年の始動戦で昨年2着の雪辱を期す。

 1年前のレースでラッキーライラックを破ったのが、このレース2連覇中のウインブライト。中山1800mは4戦4勝とコース相性が良く、ラッキーライラックにとって最大のライバルとなるだろう。

 一方、昨年マイルG1・2勝のインディチャンプは中山コースが未経験。また、上位人気の一角、ダノンキングリーは中山マイルと2000mは経験済みだが、1800mは初めて。昨年のこのレースでウインブライトとクビ差の接戦を演じた経験はラッキーライラックにとって大きなアドバンテージとなるだろう。

 また、今回新たにコンビを組むM.デムーロ騎手の存在も心強い。同騎手は2018年以降、中山1800m戦において全騎手の中で最多の8勝を挙げており、このコースを熟知している。

 デムーロ騎手にとって「ノーザンファーム×サンデーレーシング」からの重賞での騎乗依頼は、先日の共同通信杯(G3)に出走したフィリオアレグロ(2番人気、3着)に次いで今年2度目。昨年は重賞での騎乗依頼が一度もなかっただけに、今後のためにもしっかり結果を残しておきたいところだろう。

 デムーロ騎手との新コンビで中山記念に臨むラッキーライラック。2年前と同じように松永調教師の窮地を再び救うことはできるだろうか。

JRA「9位→99位」大不振・松永幹夫厩舎、中山記念(G2)出走ラッキーライラックが窮地を再び救えるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!