NEW

JRA四位洋文「無観客引退式」で伝説「うるせーよ、おい!」ならず? 新型コロナ影響に「仕方ない」も武豊からサプライズが?

【この記事のキーワード】, , ,

JRA四位洋文「無観客引退式」で伝説の「うるせーよ、おい!」ならず? 新型コロナ影響に「仕方ない」ファンからも残念の声……の画像1

 歴史的な決定で、寂しい幕切れを迎えることになってしまった。

 27日、JRA(日本中央競馬会)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今週末29日から、当面「無観客競馬」を実施すると発表。政府からの「今後2週間はイベントの中止や延期、規模縮小」を要請する方針により、プロ野球やJリーグなどが動きを見せている中、ついに重い腰を上げた格好だ。

「状況が状況なだけに当然の対応だと思いますが、JRAとしては1954年の創設以来、初の無観客競馬。先日、香港で実施された際はレースに“本番感”がないというか、何とも言えない光景でした。

日本も毎週多くのファンが競馬場に詰めかけますし、そのすべてがいない中でレースが行われる光景は、少なくとも歴史的な1ページにはなると思います。仕方ないにしても、本当に寂しい限りです」(競馬記者)

 記者曰く、JRAが年間を通じてレースを実施していること、各レースに向けて馬が調整されていることなどの現場事情からも、レース自体を延期することは難しいという。競馬場はもちろん、馬券売り上げに関しても大ダメージが確実なJRAにとっては苦肉の策といったところだ。

 全国の競馬ファン・競馬関係者に衝撃が伝わる中、異例の決定により“寂しいフィナーレ”を余儀なくされたのが、今週末29日に引退・勇退が予定されている騎手や調教師だ。特に最終レース終了後に、阪神競馬場で引退式が行われる四位洋文騎手の寂しさはひとしおだ。

 四位騎手も「ファンのことを考えれば仕方がない。賢明な判断じゃないですか」と事態を踏まえながらも、やはり残念そう。『netkeiba.com』の引退特集で、後輩の福永祐一騎手に「神輿作りますか?」とイジられた際「静か~に辞めたい」と笑っていたが、さすがにこの状況は不本意だろう。

「四位騎手と言えば、2008年にディープスカイで日本ダービー(G1)を勝った際、勝利騎手インタビューでの『うるせーよ、おい!』が有名です。普段は馬にも人にも紳士的な方ですが、あまりに観客の野次が酷かったので、思わず言ってしまったようですね。

競馬ファンの間では今でも笑い話ですし、ネット上などでは引退式で『四位コール』をすれば、もう1度『うるせーよ、おい!』と言ってもらえるんじゃなかと意気込む声もありました。当日、四位騎手目当てに阪神競馬場に行く予定だったファンも多いと思かったと思いますが残念です」(別の記者)

 この状況をサウジアラビアに遠征中の武豊騎手も心配しており、自身の公式ホームページでは「ファンの皆さんに万感の思いを込めてのお礼を言いたかったはずなので、騎手会長としてどうにかフォローできないかとも思っているところ」と四位騎手の引退式について付言。当日は武豊騎手から、何らかのサプライズがあるかもしれない。

 29日には、四位騎手の他にもJRA現役3位の869勝を誇る山内研二調教師、岡部幸雄騎手の同期として騎手・調教師で通算500勝を超える作田誠二調教師など、競馬史を彩った伯楽も引退。

 ファンにとっては残念ながらテレビやラジオで応援する他なくなってしまったが、最後まで拍手を送りたい。

JRA四位洋文「無観客引退式」で伝説「うるせーよ、おい!」ならず? 新型コロナ影響に「仕方ない」も武豊からサプライズが?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?