NEW

パチスロ「理想的ボーナスタイプ」……各種画面と「〇〇」から設定を推し測れ!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「理想的ボーナスタイプ」……各種画面と「〇〇」から設定を推し測れ!!の画像1

 遊びやすいだけでなく、高設定を掴み取れればしっかりと勝てる。

 そんな理想的ボーナスタイプの最新パチスロ6号機『ケロット4』が3月2日、山佐のグループ企業・セブンリーグよりホールデビューを果たす。初陣から存分に堪能すべく、基本的なゲーム性と現時点で判明している設定推測要素を解説しよう。

 高いボーナス合算出現率がウリのひとつでもある本機はビッグとREG、2種類のボーナスを搭載。ビッグは最大230枚、REGは60枚(固定)の獲得が可能で、ビッグ中は1回だけ順押しで左リールに「オレンジ・白7・オレンジ」をビタ押しして14枚獲得→以降は逆押し消化がオススメだ。

 ボーナスは各種小役と重複する可能性があり、オレンジ、特に斜めオレンジは大チャンス到来。オレンジ成立後は基本的に演出用RTへ突入し、最終的に連続演出を経てボーナスの当否がジャッジされる。

 通常時の演出は「ノーマルモード」「スゴロクモード」「虹河ラキモード」の3種類から好みで選択でき、ノーマルモードはケロルンに出会えればボーナス確定。液晶画面のどこかにこっそりとケロルンが出現するパターンもあり、見つけ次第「PUSH」ボタンを押せば告知が発生する仕組みだ。

 スゴロクモードは多彩なマスで期待度が示唆され、マスの組み合わせにも法則性あり。サイコロは「1」の出現で大チャンスを迎え、ケロルンマス停止or連続演出成功でボーナスが約束される。

「山佐スロワールド/スロプラス+」サポーター兼バーチャルYouTuberが登場する虹河ラキモードは、「きらっきー☆」発生でボーナス確定の準完全告知モード。予告音発生はハズレorチェリー対応で、第3停止後のボタンPUSHで発生するアクションと成立役との矛盾による告知パターンもある。

 設定推測要素について述べると、まずビッグ終了時はボタンを押すことで出現する終了画面に注目。その種類は青・赤・銀・金の4種類で、銀や金の出現は高設定を確信して良さそうだ。

 REG中は基本、3G目と6G目に発生するカットインの種類で設定が示唆され、その種類と法則はビッグ終了画面と同様。REG入賞時にフタバボーナスが幾度となく選択されれば高設定に期待できる……といった特徴もある。

 このほか、ビッグ中は先述したビタ押し後の逆押し時、オレンジが揃うラインに設定差がある模様。偶数設定は斜めオレンジが揃いやすいようなので、しっかりとカウントしておこう。 

パチスロ「理想的ボーナスタイプ」……各種画面と「〇〇」から設定を推し測れ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事