NEW

JRAディープインパクト国内「最後の産駒」誕生!母親はあの「おてんば娘」

【この記事のキーワード】, ,

JRAディープインパクト国内「最後の産駒」誕生!母親はあの「おてんば娘」の画像1

 27日、ディープインパクトの日本国内最後の産駒が、北海道安平町のノーザンファームで誕生した。

 昨年、ディープインパクトは頸部の痛みなどから2月18日に種付けを中止しており、そのまま7月にこの世を去ってしまった。昨年の種付け頭数は24頭しかおらず、そのうち半数以上が海外所有の繁殖牝馬。ラストクロップとなる20年生まれの国内産駒は、希少な存在だ。

 ディープブリランテ、キズナ、マカヒキ、ワグネリアン、ロジャーバローズと5頭のダービー馬をはじめ、数々のG1レースをディープインパクト産駒が制している。また海外では、サクソンウォリアーが英2000ギニー(G1)、スタディオブマンが仏ダービー(G1)を制し、世界中でディープインパクトの子供が活躍している。

 リーディングサイヤーランキングでは、2012年に初めて首位に立ち、2019年まで8年連続トップに君臨。今年も28日現在、51勝を挙げ、2位ハーツクライに25勝差をつけ首位を独走している。まさにディープインパクトは「優等生」の大種牡馬である。

 27日に国内最後の子供を産んだ母は、名牝スイープトウショウだ。

 スイープトウショウは04年に秋華賞(G1)、05年に宝塚記念(G1)、エリザベス女王杯(G1)を制し、G1・3勝の実績を持つ。宝塚記念は11番人気ながらも、強敵ハーツクライ、ゼンノロブロイを破る大金星。同年、ハーツクライは有馬記念(G1)で、ディープインパクトに国内唯一の黒星をつけているだけに、スイープトウショウのポテンシャルの高さは言うまでもない。

 また気性難の「問題児」だったことも有名だ。スタートで出遅れたり、馬場入りを嫌がったり、調教でも立ち止まってしまい数十分動かなかったというエピソードもある。それでも、レースでは強烈な末脚を繰り出す。やんちゃな面と強さが共存していることが、多くのファンを魅了したのだろう。

 スイープトウショウとディープインパクトは現役時代に、06年の有馬記念で一度だけ対戦している。この時、スイープトウショウは初の中山コースのためか、ゲートに入るのを嫌がった。多くの観客がハラハラしながら見守り、無事ゲート入りしたときには歓声が上がるほどだった。レースは出遅れ、勝ったディープインパクトからタイム差1.0秒の10着に敗れる。

 そんな「問題児」が「優等生」ディープインパクト最終産駒を出産したことに、競馬ファンの期待は高まるはず。スイープトウショウはこれまで2頭のディープインパクト産駒を輩出しているが、未だに重賞未勝利。最終産駒が両親譲りの末脚で追い込みを決められるか楽しみだ。産駒は早ければ22年のデビューとなる。

JRAディープインパクト国内「最後の産駒」誕生!母親はあの「おてんば娘」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声