NEW

JRA四位洋文、無意味な「騎乗停止」に疑問の声? 引退日に斜行処分も、適用は「引退後」で実質“お咎めなし”……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA四位洋文「騎乗停止」お咎めなしに疑問の声? 引退日に斜行処分も、適用は「引退後」で……の画像1

 後味の悪い引退日になってしまった……。

 29日、阪神競馬場で行われた5R(3歳未勝利戦)は、1番人気のフライライクバード(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。最後の直線で後続を引き離し、5馬身差で単勝2.0倍の支持に応えた。

 その一方、最後の直線でヒヤッとさせてしまったのが、今日で引退を迎えた四位洋文騎手だ。

 3番人気のナリタアレスに騎乗していた四位騎手だったが、最後の直線でナリタアレスが急に外側へ逃避。ムチを入れて態勢を立て直したが、今度は急激に内側へ斜行し、メイショウサンガの進路を塞いでしまった。

 結局、3着でゴールしたものの、この結果にはネット上の競馬ファンからもSNSや掲示板を通じ「騎乗停止になったらどうなんの??」「四位、最後にやっちまった??」「引退日なのに」と心配の声が続々……。

 この日は新型コロナウイルスの影響で、史上初の無観客競馬が実施されているが、やはり四位騎手のことが気になっているファンは多かったようだ。

 レース後は審議のアナウンスがあったものの降着などは発生せず、到達順位通りで確定。ただ、不利を受けたメイショウサンガが2番人気だったこともあってか、一部のファンからは「引退日忖度か」「JRAもさすがに空気読んだのか」と、結果に納得していない声もあった。

 結局、四位騎手には「最後の直線コースで、2番ナリタアレスが内側に斜行したため、9番メイショウサンガの進路が狭くなりました」(JRA公式HP)とのことで、3月14日から21日まで8日間の騎乗停止処分が下っている。しかし、四位騎手は本日付で引退となるはずだが……。

「うーん、決裁的には妥当な処分かもしれませんが、果たしてこれが『罰則』と呼べるのかは疑問ですね……。どの道、四位騎手はもうレースでは騎乗しませんし」(競馬記者)

 ちなみに1993年には徳吉一己騎手が引退日の1日前に進路妨害で騎乗停止。だが、翌日に引退だったので、結局その1日だけに騎乗停止処分が適用された例がある。

 この日、3Rで勝利し「朝イチで勝ててホッとしたよ、本当に感謝」と話していた四位騎手。騎乗最終日に不本意なアクシデントがあったが、事実上の“お咎めなし”としたJRAの決裁には疑問が残るところだ。

JRA四位洋文、無意味な「騎乗停止」に疑問の声? 引退日に斜行処分も、適用は「引退後」で実質“お咎めなし”……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!