NEW

JRA「降着騒動」で川田将雅ブチギレ怒声!? 阪急杯ゴール直後「ユーイチ!!」無観客・競馬中継「生声」入り、ファン騒然……

【この記事のキーワード】

, , ,

の画像1

 1日に阪神競馬場で行われた阪急杯(G3)は、6番人気のベストアクター(セン6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が優勝。昨年11月の落馬事故から、今週復帰した浜中俊騎手にとっては嬉しい重賞制覇となった。

 その一方、レース後に“ひと悶着”あったのが2着入線のダイアトニックの北村友一騎手と、3着に入線したフィアーノロマーノの川田将雅騎手だ。

「ユーイチ!!」

 18頭立てで行われた芝1400mのレース。最後の直線を迎え、逃げたニシノラッシュと2番手を追走したクリノガウディーとの間がポッカリと開いた。

 馬場の良い開幕週ということもあり、まさに突然“ビクトリーロード”が現れた格好だが、その直後にいたのが1番人気のダイアトニックと2番人気のフィアーノロマーノだった。有力馬らしく、どちらも手応え十分で譲れない勝負所。1頭分しかない進路に2頭が突っ込んだ。

 その結果、競り勝ったのはダイアトニックの北村友騎手だった。後れを取ったフィアーノロマーノは完全に進路を失い、川田騎手が立ちあがって手綱を引っ張る他ない完全な不利……。最後はお互い馬の力で上位入線となったが、外からスムーズなレースをした浜中騎手のベストアクターに、まとめて交わされてしまった。

 ただ、やはり北村友騎手がやや強引だったようだ。

 各馬がゴール板を通過した直後、川田騎手であろう「友一!」というような声が……。これには勝った浜中騎手も驚いて後方を振り返っていた。レース直後、掲示板には「審議」のランプが点灯。長い審議の結果、ダイアトニックが3着降着となり、フィアーノロマーノが2着に繰り上がる“波乱”の結果となってしまった。

「開幕週でインの馬場状態が良いだけに、各馬がインコースへ殺到。内々を進んでいたフィアーノロマーノやダイアトニックからすれば、勝つにはあそこの進路を通るしかなかったと思います。

最初、北村友騎手のダイアトニックの方が半馬身ほど前にいたんですが、先に開いた進路を確保していたのは川田騎手の方でした。勝つためのギリギリの判断だったとはいえ、北村友騎手はちょっと強引になってしまいましたね。

ゴール直後に川田騎手であろう『友一』というような声がテレビ映像にも入っていたそうですが、意外な形で無観客競馬の“醍醐味”を味わうことになってしまいました……」(競馬記者)

JRA「降着騒動」で川田将雅ブチギレ怒声!? 阪急杯ゴール直後「ユーイチ!!」無観客・競馬中継「生声」入り、ファン騒然……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!