NEW

パチスロ「4号機時代の名機」復活!?「ゾロ目が激アツ」でボーナス中は「ビッグ1G連」抽選

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ「4号機時代の名機」復活!?「ゾロ目が激アツ」でボーナス中は「ビッグ1G連」抽選の画像1 昨年に発売された『ハイハイシオサイ』以来となる、パイオニアの最新パチスロ6号機『ビッグシオ-30』。その詳細が先日、公式HPで公開された。

 本機は予想した通り、疑似ボーナスのAT機(1G純増約3.0枚)として4号機時代に人気を博した初代『ビッグシオ-30』のゲーム性を踏襲。搭載されたボーナスはビッグとREGの2種類で、それぞれ60G継続=180枚、20G継続=60枚の獲得が見込める。

 主なボーナス当選契機は規定ゲーム数消化とチャンス役直撃の2種類で、規定ゲーム数はゾロ目がチャンス(ボーナス後128G以内も!?)。3桁ゾロ目になると7セグのゲーム数表示が紫色に変化し、見事ゾロ目で当選するとビッグの可能性アップ+1G連抽選が優遇されるようだ。

 チャンス役直撃での当選時は、数ゲームの前兆を経て告知が発生。チャンス役成立時は高確移行抽選も同時に行われ、左リール「7・BAR・7」などの「ビッグシオ目」が出現した場合はビッグ+超高確が約束される。

 ビッグ、REG共に消化中は押し順ベルやチャンス役成立でビッグ1G連抽選が行われ、リール間の紫フラッシュや紫ベルナビは1G連当選に期待。最終的にリール右の「Vランプ」が点灯すれば1G連が確定し、虹色に点灯した場合は複数ストックの可能性が高まる。

 この1G連当選期待度はボーナス当選時の内部状態で変化し、期待度は通常・高確・超高確の順に上昇。ひとたび超高確へ昇格した場合はボーナス当選まで転落しないといった特徴もある。

 基本的にレバーONでハイビスカスが光ればボーナス確定と単純明快ながらも演出は多種多彩で、プレミアム点滅はビッグ確定+高確濃厚。遅れの発生はチェリーorスイカ対応で、ハズれた場合はボーナス当選が濃厚と思われる。

 また、7セグ色の赤や虹への変化は激アツで、チャンス役から紫に変化した場合も同様。発生した時点でチャンス役直撃or次ゲーム告知のサインとなるバウンドストップも用意されている。

 なお、本機はボーナス告知が発生すると次ゲームで自動入賞する仕組みで、その揃ったボーナスの種類に秘密がある模様。

「7揃い」「ハイビスカス揃い」「BAR揃い」と3種類ある絵柄のうち、どの絵柄が揃いやすいかをチェックしておけば立ち回りに役立てられそうだ。
 
 

パチスロ「4号機時代の名機」復活!?「ゾロ目が激アツ」でボーナス中は「ビッグ1G連」抽選のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事