NEW

JRAクリソベリル・ゴールドドリームに朗報!? サウジC勝ち馬「ドバイ回避」濃厚でチャンス到来か

JRAクリソベリル・ゴールドドリームに朗報!? サウジC勝ち馬「ドバイ回避」濃厚でチャンス到来かの画像1

 2月29日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で、1着賞金1000万ドル(約11億円)の世界最高賞金レース・サウジCが初開催された。ビッグマネー獲得を狙い、世界中から有力馬が集結した。

 日本からは国内無敗のダート王者・クリソベリル、G1・5勝のゴールドドリームの2頭が出走。日本代表として、世界最高峰のダート競走に挑んだ。

 ゴールドドリームはスタートで出遅れ最後方、クリソベリルは中団からレースを進める。最後の直線を迎えると、4コーナーで最内をついたゴールドドリームが先団にとりつき、クリソベリルは大外から末脚にかける展開となる。

 ゴールドドリームは直線で見せ場を作るも6着、クリソベリルは国内で見せていた末脚を発揮できず7着。レースを制し、ビッグマネーを手にしたのは、昨年の米国最優秀3歳牡馬マキシマムセキュリティだった。

 初黒星となったクリソベリルを管理する音無秀孝調教師は「スタートが悪かった。自分のレースができなかった」と敗因を述べ、次走のドバイWC(G1)でのリベンジに意欲を見せたものの、サウジCは日本馬にとって「世界の壁」の高さを、再確認させられるレースとなった。

「今回サウジCには日本ダート界のトップホース2頭が挑みました。敗因としてスタートが挙げられていますが、それ以上に実力差を見せられるレース内容だったのではないでしょうか。

 近年、日本馬の海外挑戦が盛んになり、芝レースでは海外G1勝利も珍しくない。日本馬にとって鬼門の欧州芝レースでは、日本と欧州の馬場の違いが理由としてよく挙げられる。しかしダートにおいて、サウジCの敗戦は言い訳のできない『世界の壁』を痛感する内容だった」(競馬記者)

 実際に、ゴールドドリームに騎乗したC.ルメール騎手は「3、4コーナーでは動きがとても良く、一瞬勝てるかと思いましたが、やはりアメリカの馬は強いです」と勝ち馬の強さに脱帽している。

 28日に開催されるドバイWCは、サウジC出走メンバーの多くが転戦を予定しており、クリソベリル、ゴールドドリームも参戦予定。今回のサウジCの敗戦で、ドバイWCも勝つのは厳しいという見方が強まってしまう。

 そんな中、日本馬にとって思わぬ「朗報」が飛び込んだ。

JRAクリソベリル・ゴールドドリームに朗報!? サウジC勝ち馬「ドバイ回避」濃厚でチャンス到来かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!