NEW

JRAも驚愕の「サウジC罰金」に絶句……ムチ叩き過ぎで「世界史上最高額」騎手には騎乗停止も

【この記事のキーワード】, ,

JRAも驚愕の「サウジC罰金」に絶句……ムチ叩き過ぎで「世界史上最高額」騎手には騎乗停止もの画像1 先週の土曜中山8R春麗ジャンプSで森一馬騎手が鞭の使用により、過怠金1万円の処分となった。森騎手には大いに反省してもらいたいが、世界を見渡せば過怠金1万円などかわいい処分のようだ。

 同じ鞭の使用についての制裁でも「世界レベル」となると、とてつもない金額が課されたようだ。

 先週29日に開催されたサウジCは今年新設された世界最高賞金レースだ。1着賞金は約11億円、2着でも3億8500円という規格外。日本からも2頭が出走し、ゴールドドリームは6着6600万円、クリソベリルは7着5500万円と健闘したばかり。戦前にノーザンFの吉田勝己代表が日本馬は「5着に入れれば」と語ったほどのドリームレースだったのである。

 ところが、規格外なのは賞金だけではなかった。

 2着の米国馬ミッドナイトビズーに騎乗したM.スミス騎手が、鞭の過剰使用(レース中にムチを打つのは10回までと定められていた)で8日間の騎乗停止と獲得賞金のうち60%にあたる21万ドルを罰金として没収されることになった。

 スミス騎手は米国で殿堂入りを果たしているレジェンドジョッキーとして知られているが、罰金でも“レジェンド級”の記録となった。

 勿論これは、騎手に対する制裁金額としては史上最高額とみられる。

 21万ドルといわれても、いまひとつピンとこないが、日本円に換算すると約2310万円にもなる。これだとちょっとしたG3の優勝賞金と大差がないのだから、驚きである。

 今回、スミス騎手の取り分は10%(日本は5%)で、約3850万円のはずだった。にもかかわらず、賞金の60%を没収され、手元に残ったのは半分以下の1540万円となってしまった。10回以内に決められた鞭の回数を4回上回っただけの結果としては、あまりに痛過ぎる罰金だったといえよう。

 また、ミッドナイトビズーは勝ち馬マキシマムセキュリティとは3/4馬身差だった。

 もしも1着になっていた場合、1着賞金11億の10%で1億1000万、ここから60%(6600万)を没収されて4400万円になっていたかと思うとゾッとする話である。

JRAも驚愕の「サウジC罰金」に絶句……ムチ叩き過ぎで「世界史上最高額」騎手には騎乗停止ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は