NEW

武豊「目の負傷」が警鐘を鳴らす!? 芝の塊直撃「カバー3枚入れてたのに……」貫通でゴーグル破壊の悲劇

【この記事のキーワード】, ,

武豊「目の負傷」が警鐘を鳴らす!? 芝の塊直撃「カバー3枚入れてたのに……」貫通でゴーグル破壊の悲劇の画像1

 29日、サウジアラビアで行われたサンバサウジダービーCでフルフラット(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)を見事勝利に導き、自身の海外で勝利した国を「9」とした武豊騎手。全く衰えを感じさせない名手には、益々の成長すら感じさせられる。

 世界的なイベントということで武豊騎手も、様々なメディアに登場していたが、実は映像で片目が腫れていることが一部で話題になっている。

 どうやら目のアザはサウジアラビア遠征中ではなく、日本でできたようだ。きっかけとなる“事案”が起きたのは2月23日、東京10RアメジストS(3勝クラス)での出来事だ。

「騎乗馬ゴータイミングは中団やや後ろで折り合いをつけて末脚勝負に賭けたが、直線では伸びる事なく終わった。ただ、よく映像を見てもらうと武豊騎手が少し変な動きをしていた。

 本人に聞いたら『芝の塊が飛んできてゴーグルが割れてしまった。カバーも3枚入れてたのに……。凄いわ、芝が硬くて。一瞬前が全く見えなくなったので危なかったよ』と相当な恐怖を感じた様子だった」(競馬記者)

 レース映像を確認すると、たしかに直線に向いたところでゴーグルをしきりに触っている様子が映っている。またこの時の衝撃は勝負服に血がつくほどで、周りの騎手もかなり驚いていたようだ。目の腫れが1週間経っても引いていないことから、相当危険な出来事だったことが推測される。

「すぐさまJRAの職員や馬場委員の北村宏司騎手などと、馬場について協議したようです。この東京開催では松岡正海騎手が落馬負傷で大きな怪我をしました。あそこまで酷い状況になったのも、少なからず『馬場の硬さが影響しているのでは』と言われています。

 またほかのジョッキーからも馬場の硬さを指摘する声も上がっており、2月の東京競馬場の芝は異常な状態だった事が伺えます」(競馬記者)

 以前から「硬い馬場」、「高速馬場」への指摘は多くされているが、改めて問題提起する出来事となった。

 ジャパンC(G1)では海外馬が集まらない理由のひとつに、日本特有の高速馬場が挙げられている。また馬が故障しやすくなる原因、落馬した時のジョッキーのダメージが大きいという指摘もある。

 日本とは対照的な欧州のクッションが効いた深い芝が必ずしも良いとは言えないが、今回の武豊騎手、松岡騎手の事故で「硬い馬場」の見直しが再度求められるだろう。

 先週末に武豊騎手が騎乗したサウジアラビアのキングアブドゥラジズ競馬場は、今年芝コースを新設したばかり。お披露目会で試走したL.デットーリ騎手は「大成功」と称賛し、「フェアで素晴らしいコース」とW.ビュイック騎手も太鼓判を押している。欧州のトップジョッキーお墨付きの芝コースの印象は、日本の競馬場とは異なるものだったはずだ。

 武豊騎手の「アザ」は、サウジアラビアから日本の馬場に「警鐘」を鳴らす象徴なのかもしれない。

武豊「目の負傷」が警鐘を鳴らす!? 芝の塊直撃「カバー3枚入れてたのに……」貫通でゴーグル破壊の悲劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光