NEW

JRA弥生賞「雨」ならパンサラッサに一発! 矢作調教師「道悪はいい」前回2.5秒の大差勝ち

【この記事のキーワード】, ,

JRA弥生賞「雨」ならパンサラッサに一発! 矢作調教師「道悪はいい」前回2.5秒の大差勝ちの画像1

 8日(日)に開催される弥生賞ディープインパクト記念(G2/以下、弥生賞)。昨年のホープフルS(G1)で3着だったワーケア、O.マーフィー騎手がその素質を認めたサトノフラッグ、さらに札幌2歳S(G3)を勝ったブラックホールなどが出走を予定している。

 クラシックに向けて素質馬たちがしのぎを削ると見られているなか、当日の天気予報は生憎の雨。馬場が荒れることも予想され、もしそうなれば期待感が高まるのが、パンサラッサ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 これまで6戦して[1-1-0-4]。ホープフルS(G1)ではハナを奪い、果敢に逃げると粘りを見せたものの6着だった。これまで平凡な走りに終止しているように思えるが、キャリアで唯一あげている京都競馬場での勝利が重要。そのレース当日は、台風19号が接近したため、京都は競馬の開催が危ぶまれたほどの悪天候。馬場が稀に見る不良馬場となっていたからだ。

 坂井瑠星騎手を背に、パンサラッサは雨水を多く含み重くなった芝を物ともせず、好スタートで決めて、2番手につける。そのまま逃げる馬を見る形で進むと、残り800mで並びかけ、最後の直線の入り口ではトップに立った。それからも加速を続けたパンサラッサは、後続をどんどん突き放してゴール。2着に2.5秒差をつけての大差勝ちを飾っている。

「矢作調教師も『道悪はいいとは思っていたけどね』と語り、その大差勝ちをにこやかに振り返っていましたね。この未勝利戦以降、渋った馬場での競馬はありませんが、時計が掛かりそうな馬場への出走を重ね、道悪巧者に磨きをかけていた感もあります。

 弥生賞は脚質的には先行馬が強く、ゴール前には2度も急坂を超えるのでタフさも要求される1戦です。ここでダメ押し的に雨が降って馬場が渋ってくれれば、パンサラッサ陣営としてもチャンスが生まれると考えているでしょうね」(競馬誌ライター)

 安藤助手も切れのある脚を持つタイプではないため、「この時期の中山は合っている。先行力があって簡単には止まらない」と期待をかけていた。

昨年の弥生賞は雨中決戦となったが、勝利したのは8番人気のメイショウテンゲン。そして1~3番人気の馬は軒並み馬券圏外に沈み、3連単で457,370円と配当金が高騰している。

 昨年同様、悪天候の中で開催されそうな弥生賞で、パンサラッサが天を味方につけて躍動する!? 荒れる決着を期待したい。

JRA弥生賞「雨」ならパンサラッサに一発! 矢作調教師「道悪はいい」前回2.5秒の大差勝ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合