NEW

JRA「リスグラシュー×レーン」の再現なるか!? オーシャンS(G3)「期待のジョッキー」ヒューイットソンがハウメアに有終の美を!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「リスグラシュー×レーン」の再現なるか!? オーシャンS(G3)「期待のジョッキー」ヒューイットソンがハウメアに有終の美を!?の画像1

 2~3月は牝馬の引退が相次ぐシーズン。発情期に合わせて繁殖牝馬入りするためで、セカンドライフは母親として重要な仕事をすることになる。

 7日に中山競馬場で行われるオーシャンS(G3)は、スプリンターズS(G1)の1着馬タワーオブロンドン、3着馬ダノンスマッシュの2頭の再戦で盛り上がりを見せる一方、ハウメア(牝6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)がこのレースでラストランを迎える。

 4歳夏に1600万下条件(現・3勝クラス)入り。オープン入りを目前に控えるも、2着が3回と惜しいレースが続き、なかなか勝ちきれない。ようやく1年後の5歳夏に念願のオープン入りを果たした。

 オープン入り後、リステッド競走を2走するが勝つことはできなかった。そして今回の引退レースがハウメアにとって、初の重賞挑戦となる。

 前走のラピスラズリS(L)はオーシャンSで上位人気が予想されるナックビーナスの2着に健闘。中山コースは【1,2,0,0】と相性がよく、陣営は引退レースに最も合う舞台を用意したのだろう。

 引退レースと言えば、1日の中山記念(G1)で6番人気ソウルスターリングが3着に入り驚かされた。17年のオークス(G1)以降凡走を続けていたが、ラストランでG1・2勝馬の威厳を見せつけるようだった。

 今回ハウメアは初来日の「L.ヒューイットソン騎手」と引退レースに臨む。

 同騎手は今週末から短期免許で騎乗を開始する南アフリカ出身の22歳。南アフリカでリーディングを2度獲得し、18~19年シーズンには219勝を挙げている。ノーザンファーム関係者との交流もあり、日本で活躍する下地は盤石だろう。そしてハンサムな顔立ちも魅力のひとつだ。期待がかかる若手外国人ジョッキーである。

 昨年はオーストラリアの若手D.レーン騎手が初来日し、騎乗開始週の新潟大賞典(G3)でいきなり重賞勝ち。その後、大舞台でも活躍し衝撃のデビューとなった。またイギリスの若手O.マーフィー騎手も、今年の短期免許期間中はリーディングを独走。帰国から1か月経ったが、今なおリーディング4位という爪痕を残していった。

 日本競馬界では「若手外国人騎手旋風」が巻き起こっており、ヒューイットソン騎手も騎乗初日から重賞で活躍してもおかしくない。レーン騎手がリスグラシューの引退レースを飾ったように、ヒューイットソン騎手がハウメアの「有終の美」を飾ることはできるだろうか。

JRA「リスグラシュー×レーン」の再現なるか!? オーシャンS(G3)「期待のジョッキー」ヒューイットソンがハウメアに有終の美を!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  4. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  5. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  6. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待