NEW

JRA武豊に「good job!」。フルフラット世界制覇の「舞台裏」で見せた“緊急対応”を世界が絶賛!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊に「good job!」。フルフラット世界制覇の「舞台裏」で見せた“緊急対応”を世界が絶賛!の画像1

 29日、サウジアラビアのサンバサウジダービーCをフルフラットで勝利し、さらにマテラスカイで挑んだサウジアCも2着と結果を残した武豊騎手。この勝利で9カ国制覇を達成し、その手腕が健在なところを改めてアピールした。

 これからも世界各国での活躍が期待されている武豊騎手だが、今回サンバサウジダービーCではあるトラブルに巻き込まれていたと、自身の日記で綴っている。

 武豊騎手はサンバサウジダービーCのスタート寸前に「なにかの弾みで(フルフラットの)頭絡が外れてしまった」と明かす。頭絡とは、馬の頭からアゴ、頬、鼻の上、そしてうなじにわたってつけられる細い幅の革でできた馬具のことだ。これがなければ、ハミを適切な位置にはめることができなくなる。

 ひとつ間違えば、放馬などの大トラブルにも繋がりかねないが、これに気づいた武豊騎手はすぐさま下馬して「フルフラットの片脚をつかまえて」、それを防いだという。しかも係員に頭絡を再装着してもらっているタイミングで、「フルフラットの蹄鉄の隙間にたまった砂をステッキで掘った」というから驚きだ。

「経験豊富な武豊騎手だからこそ、落ち着いてトラブルに対応できたのでしょうね。他の騎手では、日本ならばいざしらず、海外での競馬場で武豊騎手同様の振る舞いを見せることは難しいと思いますよ。

 また武豊騎手はこの対処法を『30数年前に競馬学校で習ったやり方です』とも綴っています。30年も昔に習った、このような基礎的なことをしっかりと身につけているからこそ、これまでのような大活躍ができているのでしょう」(競馬誌ライター)

 これらの対応を、『スターターにも「good job!」と褒めてもらえました』と語る武豊騎手。JRA通算4000勝の金字塔を打ち建てた際に、自身の公式サイトで

「世界のビッグレースには名馬とともに参戦して話題を振りまき続ける、そんな存在になりたい」

 と、綴っていたが、どこの国でもこのような冷静な判断が下せるからこそ、そのような高い目標を設定することができるのだろう。

 武豊騎手にはこれからも、日本だけではなく世界すらもわかせる活躍を期待したい。

JRA武豊に「good job!」。フルフラット世界制覇の「舞台裏」で見せた“緊急対応”を世界が絶賛!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!