NEW

パチスロ「超強力」天井搭載機が「撤去」……「進化したVIVA」を振り返る

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「超強力」天井搭載機が「撤去」……「進化したVIVA」を振り返るの画像1


 ユニバーサルお馴染みのドンちゃん三兄弟。その三男、「躍動の緑」こと緑ドンが文字通り躍動するエレコのパチスロ『緑ドンVIVA2』が3月2日、惜しまれつつも引退を余儀なくされた。

 本機は2010年に発売された『緑ドンVIVA!情熱南米編』の後継機で、1G純増約2.4枚の疑似ボーナスとART「アマゾンゲーム」の連鎖で出玉を増やす仕様。

 主なART突入契機はボーナスと「ビリゲチャレンジ」で、60G継続、約150枚獲得できるビッグ中の演出はドンBB(チャンス告知)、ファビオ&マリアBB(完全告知)、三姉妹BB(エピソード告知)の3種類から好みで選択できる。

  REG(葉月ボーナス)はナビ回数管理で約50枚獲得。消化中は夜背景への移行でARTが約束される。

 ビリゲチャレンジはチャンス役などを機に突入し、自力2択成功→ビリーをゲットできればART確定。「ビリゲゾーン」はビリゲチャレンジ高確率状態で、このビリゲゾーンへはチャンス目やゲーム数消化で移行のチャンスを迎える。

 首尾よくARTを射止めると、先代とは異なり例外なく上乗せ特化ゾーン「X-RUSH(エクストリームラッシュ)」から開始。消化中は最大95%の継続抽選に漏れるまで毎ゲーム上乗せが発生し、連続成功が5・7・10といった節目の回数ではCOMBO、チャンス役成立時のボタンPUSH表示時はOKAWARIボーナスなどといった追加上乗せも見込める。

 この上乗せゲーム数+50Gから始まるART中は、チャンス役成立でボーナスとX-RUSHのダブル抽選。各種期待度は滞在ステージで変化し、トンネルへの移行はボーナス前兆に期待できる。

 また、ART中は特定ゲーム数消化で「スーパービリゲゾーン」突入期待度が高まり、遺跡ステージへの移行は期待大。ベル成立時に押し順ナビが必ず発生するスーパービリゲゾーン中は通常ビリゲゾーンと同じくチャンス役成立orベル入賞でビリゲチャンレジが発動し、成功すればX-RUSHへと結び付く。

 もちろん、緑ドンの代名詞ともいえる「ロケットモード」も健在で、移行後は50G間高確率でボーナスに当選。消化中は「VIVA目」が停止するたびにボーナスがストックされ、同モード終了後に1G連でまとめて放出される。

 設定推測要素は共通ベル出現率、通常時のVIVA目出現率、特定ボーナス出現率、葉月ボーナス中のART当選率、ARTループ率など豊富。

 ボーナス間1280G(+前兆)で到達する天井機能は非常に強力で、揃うたびにX-RUSHがストックされるX-BB(エクストリームビッグボーナス)がスタートする。ボーナス後481~501G間のビリゲ高確期待ゲーム数も若干の狙い目といえる。
   

パチスロ「超強力」天井搭載機が「撤去」……「進化したVIVA」を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事