NEW

JRA絶好調ダノンスマッシュに「ダノンの呪い」の不安!? 安田調教師「100点」オーシャンS(G3)必勝態勢も本番は……?

【この記事のキーワード】, ,

JRA絶好ダノンスマッシュに「ダノンの呪い」の不安!? 安田調教師「100点」オーシャンS(G3)必勝態勢も本番は……?の画像1

 7日(土)に中山競馬場で開催されるオーシャンS(G3)には、ダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が悲願のG1制覇に向けて出走する。昨年のスプリンターズS(G1)で苦汁を飲まされた相手タワーオブロンドンも出走するため、高松宮記念(G1)の前にリベンジしたいところだ。

 昨年のスプリントG1ではともに1番人気に推されるも、高松宮記念が4着、スプリンターズSが3着。前哨戦のシルクロードS(G3)、キーンランドC(G3)は勝っているが、G1の舞台では勝利まであと1歩届かない。

 ダノンスマッシュにとって、もどかしい1年になったが今年、また繰り返してしまわないか心配だ。

 4日、栗東坂路コースで川田騎手を背に最終追い切りを行い、4ハロン49.8秒ラスト11.9秒の超好時計をマーク。安田調教師も「今日の追い切りは100点をあげても問題ない」と、自信の仕上がりだ。オーシャンSではタワーオブロンドンが58kgを背負うのに対して、56kgで出走できるアドバンテージもある。必勝態勢は整ったと言っても過言ではないだろう。

 先週は同じ馬主のダノンキングリーが中山記念(G2)を制し、次走の大阪杯(G1)に向けて順調さをアピールした。今週はダノンスマッシュの勝利に期待がかかる。

 しかし、気になる「ある数字」が存在する……。

 馬主のダノックスは上記2頭のほかにもダノンプレミアム、ダノンファンタジーといった有力馬を所有している。昨年は所有馬合計で重賞「9勝」の大活躍。しかし、G1は「0勝」と寂しい内容だ。

 ダノンスマッシュ以外の馬も前哨戦は勝っているが、G1では勝てていないということである。

 ダノンプレミアムは金鯱賞(G2)、マイラーズC(G2)を制すも、安田記念(G1)は不利の影響で大敗、天皇賞・秋(G1)とマイルCS(G1)はどちらも2着に惜敗している。

 またダノンファンタジーもトライアルレースのチューリップ賞(G2)、ローズS(G2)を勝つも、本番の牝馬クラシックは全敗。ほかにも、ダノンキングリー、ダノンチェイサーも同様だ。

JRA絶好調ダノンスマッシュに「ダノンの呪い」の不安!? 安田調教師「100点」オーシャンS(G3)必勝態勢も本番は……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  5. JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】
  6. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  7. JRA「牝馬の福永祐一」はもはや死語!? M.デムーロでも戸崎圭太でも池添謙一でもない、オークス(G1)で狙うべきは“あのジョッキー”
  8. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  9. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  10. JRA「重賞30連敗」C.ルメールに5大クラシック8枠完全制覇の呪い…桜花賞馬スターズオンアース騎乗でチャンス到来も泣きっ面にハチ