NEW

JRA武豊が自画自賛した名牝。 チューリップ賞(G2)「オープン時代」の勝ち馬ベガの軌跡を辿る

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊が自画自賛した名牝! チューリップ賞(G2)「オープン時代」の勝ち馬ベガの軌跡を辿るの画像1

 7日(土)に阪神競馬場で開催される桜花賞トライアル・チューリップ賞(G2)。

 過去10年だけに限っても、3着内に入った馬が桜花賞(G1)、オークス(G1)をはじめ、後のG1馬を7頭輩出している出世レースでもある。

 今年もクラシックに向けて有力馬が多数顔をそろえ、楽しみな一戦となりそうだ。

 このレースは1994年にG3として重賞格付けされ、翌年から桜花賞トライアルとして指定されている。さらに一昨年からは格上げされてG2重賞となっているが、開設されたのは1984年。桜花賞指定オープンとして1993年まで開催されていたが、その間も2冠牝馬を2頭、桜花賞馬を1頭、オークス馬を1頭送り出しており、重要度は今と変わらない一戦だった。

 そのオープン時代最後となった93年の勝ち馬、ベガを振り返ってみたい。

 社台グループが今の隆盛を築いた大種牡馬の1頭、トニービンが導入された初年度の産駒となる。同世代のウイニングチケットもトニービン産駒で日本ダービー(G1)を制するなど、初年度から大活躍を見せた。

 ベガはデビューが遅く、4歳(現在の3歳)の1月に京都でデビューしている。この時は2番手からの競馬で直線競り負けている。2週間後の新馬戦に再挑戦。鞍上は橋本美純騎手から絶頂期の武豊騎手に乗り替わる。ここでは後続に4馬身差をつける圧勝で勝ち上がる。

 そして迎えたチューリップ賞(OP)。前年の3歳(現在の2歳)女王、スエヒロジョウオーも出走していたが、それらの有力馬を抑えての1番人気。11~12秒台でラップを踏むハイペースの中、やはり2番手からレースを進め、4角から先頭に立つとそのまま押し切り、2着に3馬身差、3着には5馬身差をつける完勝で、一躍桜花賞馬候補筆頭となった。

 迎えた桜花賞(G1)も断然の1番人気。2冠牝馬マックスビューティの初年度産駒マックスジョリーやトライアルの報知杯4歳牝馬特別(現在のフィリーズレビュー・G2)を勝ったヤマヒサローレルが人気になっていたが、5番人気のユキノビジンとマックスジョリーをクビ差、クビ差抑えて勝利を勝ち取る。

 実はこのレースは、武豊騎手が今になっても「ほぼ完璧」と自画自賛する内容。桜花賞5勝を誇る天才騎手にとっても記憶に残るレースだったようだ。

JRA武豊が自画自賛した名牝。 チューリップ賞(G2)「オープン時代」の勝ち馬ベガの軌跡を辿るのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!