NEW

JRA「レコード女王」ノームコアが高松宮記念(G1)決定!横山典弘騎手と新コンビで初の1200m挑戦も期待感十分

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「レコード女王」ノームコアが高松宮記念(G1)決定!横山典弘騎手と新コンビで初の1200m挑戦も期待感十分の画像1
ノームコア 競馬つらつらより

「異例」の挑戦にスプリント界がざわついている。

 6日、昨春のヴィクトリアマイル(G1)を制したノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)が、29日の高松宮記念(G1)に挑戦することがわかった。

 芝1800mでデビューし、一昨年には2200mのエリザベス女王杯(G1)にも出走。昨年からマイル路線に切り替えてビッグタイトルを手にしたノームコアだが、今年はスプリント路線から始動する。無論、1200m出走は初めてだ。

「驚きました。1200mどころか1400mの出走経験もない馬ですからね。ただ、昨年のヴィクトリアマイルでは当時の日本レコードを記録するなど、スピードは十分。試金石になることは間違いないですが、1200mとしてはタフな展開になりやすい高松宮記念なら、決して侮れない存在になりそうです」(競馬記者)

 実際に、昨年の高松宮記念では1400m以上の勝利実績がある馬が1着から3着を独占。特に17番人気で3着に激走したショウナンアンセムはマイルを中心に使われており、最後の直線ではスタミナに物を言わせて猛然と追い込んできた。

 また、新コンビとなる横山典弘騎手は先日の中山記念(G2)をダノンキングリーで勝つなど現在絶好調。大ベテランゆえに乗鞍を抑えていながらも現在12勝と、関東リーディング3位。勝率に至っては、すでに帰国したO.マーフィー騎手を除けば断トツのトップと勝負強さも健在だ。

「ブラストワンピースやディアドラなど、距離をこなす馬が多いハービンジャー産駒ですが、1200m戦なら母父のクロフネが光りますね。カレンチャンやスリープレスナイトといったスプリントG1の勝ち馬を輩出しているだけでなく、母父としても昨年3着のショウナンアンセムがいます」(別の記者)

 ちなみに昨年の高松宮記念で17番人気ながら3着に激走したショウナンアンセムの父はジャングルポケット。こちらもハービンジャーと同じスタミナタイプの種牡馬だっただけに、スプリント初挑戦のノームコアがいきなり激走しても不思議ではない。

JRA「レコード女王」ノームコアが高松宮記念(G1)決定!横山典弘騎手と新コンビで初の1200m挑戦も期待感十分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事