NEW

「お役所」JRA理事VS「大反対」馬主協会……長過ぎ『弥生賞ディープインパクト記念(G2)』やはり「反対」されていた。レース誕生の舞台裏とは

【この記事のキーワード】

, ,

「お役所」JRA理事VS「大反対」馬主協会……長過ぎ『弥生賞ディープインパクト記念(G2)』やはり「反対」されていた。レース誕生の舞台裏とはの画像1

 8日に中山競馬場で行われる皐月賞トライアル「弥生賞ディープインパクト記念(G2)」。昨年他界した「近代競馬の結晶」ディープインパクトを称えて、今年から弥生賞の正式名称となった。

 だが、やはり反対意見があったようだ。

 競走馬、そして種牡馬としてディープインパクトが近代競馬に残した功績は誰もが認めるところ。過去の三冠馬シンザン記念(G3)やセントライト記念(G2)が、すでに創設されていることからも本馬の記念レース誕生は半ば既定路線だった。

 しかし、誕生した弥生賞ディープインパクト記念は、はっきり言ってメディアにもファンにも不評と述べざるを得ない。馴染んでいないこともあるかもしれないが、単純にレース名が長過ぎて語呂が悪いのだ。

 それなら過去の例に倣って「ディープインパクト記念」でよかったのでは――。

 競馬ファンなら誰もがそう思っているかもしれないが、その“裏”にはJRAと馬主協会による壮絶な議論があったようだ。ニシノやセイウンの冠名で有名な西山茂行オーナーが、Twitter上でその内情を明かしている。

「『弥生賞』をやめて『ディープインパクト記念』にレース名を変更したい――」

 西山オーナーによると、JRAの理事よりそういった提案があったのは、昨年9月の日本馬主協会連合会企画予算委員会の席だったという。ディープインパクトが他界してから約1カ月後、すでに「ディープインパクト記念」誕生の動きはあったようだが、その対象レースを選出する中で、事前連絡もなく、いきなり提案されたようだ。

 その結果、馬主サイドは全員反対……特に中山馬主協会の反発が強かったという。理由は、やはり1964年の創設から今年で56回を迎える「弥生賞」の伝統、そしてファンに対する定着度だ。

 代替として、ディープインパクトが快勝した1月の若駒S(L)の名称変更案も持ち上がったようだが、一度言い出すとそう簡単には引き下がらないのがJRA……いわゆる「お役人体質」というやつだ。協議の結果、お互い譲らないまま「弥生賞ディープインパクト記念」というダラダラした名称に収まってしまったという。

 だが、この結果に馬主サイドは決して満足していないという。”内情”を記者が語っている。

「お役所」JRA理事VS「大反対」馬主協会……長過ぎ『弥生賞ディープインパクト記念(G2)』やはり「反対」されていた。レース誕生の舞台裏とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!