NEW

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!の画像1
本命視されているタワーオブロンドンだが……

 7日(土)に中山競馬場にてオーシャンS(G3)が開催される。

 春のスプリント王決定戦、高松宮記念(G1)に向けてローテーションが直近となる前哨戦。今年も有力馬が顔をそろえ、楽しみな一戦となっている。そこで、今回も関係者からの「現場有力情報」を元に、このレースを攻略したい。

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!の画像2

「◎」はダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 昨年は高松宮記念では4着と苦杯をなめ、函館SS(G3)では薬物騒動に巻き込まれて除外の憂き目に遭う。キーンランドC(G3)こそ勝利を挙げたが、スプリンターズS(G1)ではタワーオブロンドンの3着と、またもG1タイトルを逃す。年末の香港遠征でも結果を出せず帰国した後の初戦となる。

「デビュー当時から父・ロードカナロアに一番似ているとの評価がある本馬。『ここに来て本当にそっくりになってきた』『2週続けて坂路で49秒台。仕上がりは文句なし』と陣営のアピール。『タワーオブロンドンとは斤量差がありますし、ここで負けているようではG1なんて言っていられません』と強気な姿勢だ。実力から考えてもここは外せないだろう」(競馬記者)

「○」はナックビーナス(牝7、美浦・杉浦宏昭厩舎)とする。

 17年、18年、19年と3年連続でこのレースに参戦し、いずれも2着しており相性は抜群。昨年はここを2着したあと、高松宮記念で大敗。その後フランスへ遠征して結果を出せず、帰国初戦のキーンランドCでも5着だった。しかし、ラピスラズリS(OP)で逃げ切り2馬身半差をつけて完勝。続くタンザナイトS(OP)も逃げ粘り2着と好走した。

「今回は武豊騎手から横山典弘騎手へ乗り替わるが、横山典騎手とは好相性で【4・6・2・2】と良績を残している。『今年は年明け初戦で幾分重めですが、今週の一追いで本来の動きを取り戻した』『動きからは衰えはありませんよ』と杉浦調教師はコメント。鉄砲駆けするので、過去3回と条件は違っても外せない1頭だ」(競馬記者)

JRAオーシャンS(G3)「本命」タワーオブロンドンは「切り!」 現場の有力情報を掴んで得た「至高の4点」で勝負!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  4. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  7. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  10. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!