NEW

JRA弥生賞(G2)ワーケア切りで高配当!強力「現場情報」をもとに、三連単6点勝負!

【この記事のキーワード】

, ,

 8日(日)中山競馬場で弥生賞ディープインパクト記念(G2)が行われる。名馬ディープインパクトの功績をたたえ、今年からレース名が改称された。強力「現場情報」をもとに改称元年の同レースで的中を狙う。

「◎」はサトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

JRA弥生賞(G2)ワーケア切りで高配当!強力「現場情報」をもとに、三連単6点勝負!の画像1

 出走メンバーで唯一のディープインパクト産駒、さらに鞍上は武豊騎手。ディープインパクト記念の改称元年王者に「ディープインパクト産駒×武豊」のタッグは相応しいだろう。

 新馬戦こそ敗れたが、その後の未勝利戦、1勝クラスは2着に3馬身差をつける圧勝。手綱を取ったO.マーフィー騎手は「ダービーの有力馬の可能性がある」とイギリスメディアに紹介するほど。名手が惚れ込んだ馬にとっては通過点か。

「前走、初の右回りを経験して全く問題ありませんでした。今回、休養明けだが、乗り込みは十分、以前より逞しくなった馬体は魅力的です。陣営は『成長一途で、ここでも楽しみですよ』と初の重賞挑戦に自信を滲ませています」(競馬記者)

 充実一途のサトノフラッグ、今回は鉄板と言っても過言ではないだろう。

「〇」はオーロアドーネ(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)をあげる。

 新馬勝ちの1勝馬で、メンバー中キャリアは最も浅いが、その分可能性を十分に秘めた1頭だ。

「当初は1勝クラスのマイル戦を使う予定だったが、力試しに出走することになりました。オーナーのDMMドリームクラブの宣伝の意味合いの方が強いようで、勝負気配は薄そうです」(競馬関係者)

「オーロアドーネの鞍上は今週から復帰する三浦皇成騎手が務めます。陣営の勝負気配は薄くても、東のエースジョッキーが復帰早々に穴をあける可能性は十分にあります」(競馬ライター)

JRA弥生賞(G2)ワーケア切りで高配当!強力「現場情報」をもとに、三連単6点勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!