NEW

JRA大阪杯アーモンドアイら参戦で「史上最強」レベルに!? 「新型コロナ余波」ドバイ延期(中止)可能性浮上で

【この記事のキーワード】, ,

JRA大阪杯アーモンドアイ参戦で「史上最強」レベルに!? 「新型コロナ余波」ドバイ延期(中止)可能性浮上で の画像1

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、JRAは先週に続いて6日と7日も無観客での開催となった。その猛威は日本国内にとどまらず、ドバイでも大きな影響が出てきそうだ。

 5日、ドバイスポーツ省は、新型コロナウイルスの拡散を防止するため、今月中にドバイで行われる全てのスポーツイベントを延期するよう、主催者に要請した。3月28日に開催予定のドバイワールドCデーも勿論これに含まれている。

 現時点では「延期」と表現されており、「中止」とまでは言及されていない。

 一方6日、JRAから新たにドバイワールドカップにマスターフェンサー、ドバイターフにウインブライト、ペルシアンナイト、UAEダービーにデルマオニキス、ゴドルフィンマイルにデルマルーヴルら5頭が招待を受諾したと発表されたばかり。

 5日には、サウジアラビアから転戦する(クリソベリル、ゴールドドリーム、フルフラット、マテラスカイら)4頭もすでにドバイへ到着しており、大井のモジアナフレイバーを含めるとドバイ遠征を予定している日本馬は計19頭となる。

 開催は不透明な情勢であり、中止となった場合は大きな影響を受けそうだ。

 アーモンドアイでドバイターフを予定している国枝調教師は『サンスポ』の取材に「まだ何も決まったことは聞いていないし、来週木曜に追って18日に出国する予定。今われわれがどうこうすることはできない。いつも通りやっていくだけです」と推移を見守るコメントを残した。

 一方、ドバイの開催が最悪中止となった場合、出走を予定していた馬が日本国内のレースを選択肢に入れる可能性は十分に考えられる。なかでも注目度が高いのは芝中距離路線ではないだろうか。

 例えば、ドバイシーマクラシックはカレンブーケドール、グローリーヴェイズ、ラヴズオンリーユー。ドバイターフはアーモンドアイ、ウインブライト、ペルシアンナイトが現在出走を予定しているが、これらが同時期の大阪杯に切り替える可能性も出て来る。

 既に出走が濃厚なブラストワンピース、ダノンキングリー、ラッキーライラック、サートゥルナーリアに加え、もしもドバイ組がこれに加わるようなら、今年の大阪杯は史上最強級のハイレベルなレースが展開されるかもしれない。

 新型コロナウイルスの余波は、競馬界にも大きな爪痕を残していきそうだ。

JRA大阪杯アーモンドアイら参戦で「史上最強」レベルに!? 「新型コロナ余波」ドバイ延期(中止)可能性浮上でのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!