NEW

JRAサートゥルナーリア視線の先は「年度代表馬」!? 最終追い切り「自己ベスト」で金鯱賞(G2)獲りへ死角なし!

【この記事のキーワード】

, ,

JRAサートゥルナーリア視線の先は「年度代表馬」!? 最終追い切り「自己ベスト」で金鯱賞(G2)獲りへ死角なし!の画像1

 15日に行われる金鯱賞(G2)で昨年の最優秀3歳馬サートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が始動戦を迎える。4歳世代のトップホースとして負けられない1戦だ。

 4日の1週前追い切りは、栗東CWコースで6ハロン83.0秒、ラスト11.3秒を記録。最後は軽く促すだけで、併せた馬に1馬身先着した。2月中旬の帰厩後、十分な乗り込みがされており、すでに万全な仕上がりだ。それでも「まだ馬体に余裕はある」と陣営は話しており、ポテンシャルの高さが伺える。

 11日に栗東坂路コースで最終追い切りが単走で行われ、4ハロン49.8秒、ラスト12.3秒の「自己ベスト」の時計をマーク。最後は馬なりで、仕上がりの良さをアピールする内容だった。これには調教で跨ったC.ルメール騎手も「時計を見てびっくり。すごくいい脚だった」とパートナーの動きにご満悦だ。

 最終追い切りは調整程度と話していた陣営にとっては、これ以上ない状態でレースを迎えられる。

「今回の調教の動きを見る限り、『死角なし』と言っても過言ではないでしょう。金鯱賞はメンバーも手薄です。大阪杯(G1)を目指すサートゥルナーリアにとっては通過点に過ぎないでしょう。この仕上がりで負けるようなことがあれば、その時は本当に『左回り』が苦手だとはっきりしますね」(競馬記者)

 昨年の右回りコースの成績は皐月賞(G1)、神戸新聞杯(G2)で1着、有馬記念(G2)2着と抜群の相性を誇っているが、東京コースは日本ダービー(G1)4着、天皇賞・秋(G1)6着と精彩を欠いている。

 不完全燃焼の東京のレースではイレ込みが激しかったため、金鯱賞の結果次第で敗因が「東京」なのか「左回り」なのかがはっきりするだろう。

「これまでに最優秀2歳牡馬、最優秀3歳牡馬を獲得したサートゥルナーリアにとって、今年は残るタイトル『年度代表馬』と『最優秀4歳以上牡馬』の獲得が命題です。そのため天皇賞・秋やジャパンC(G1)が開催される東京コースで、結果を残すことが重要になってきます。それも踏まえて、今回のレースはある意味“G1以上”の意味を持つのではないでしょうか。

 ただ勝つことではなく、勝ち方にも注目が集まります。辛勝だと左回り不安がつきまといますが、快勝すれば不安が吹き飛びます。そうなれば、残るは東京でのイレ込み対策だけでしょうね」(競馬記者)

 万全の仕上がりのサートゥルナーリア。「年度代表馬」獲得に向けて始動戦の内容に注目が集まる。

JRAサートゥルナーリア視線の先は「年度代表馬」!? 最終追い切り「自己ベスト」で金鯱賞(G2)獲りへ死角なし!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!