NEW

JRAファルコンS(G3)は不在のライバルがモノサシに!! 距離短縮でビアンフェの出番あり!?

【この記事のキーワード】, ,

JRAファルコンS(G3)は不在のライバルがモノサシに!! 距離短縮でビアンフェの出番あり!?の画像1

 14日(土)のファルコンS(G3)に出走する、現3歳世代は2017年生まれである。この世代のみで争われるJRAでは最初の重賞は、2歳の7月に行われる函館2歳S(G3)。今年のファルコンSに、その函館2歳Sを勝利したビアンフェ(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)が出走する。

 ビアンフェは、函館2歳Sで0秒3差の2着に敗れたタイセイビジョンと、続く京王杯2歳S(G2)でも対戦している。この時は逆に0秒3差でタイセイビジョンに勝利を譲る結果となった。この2戦からビアンフェとタイセイビジョンの実力は、ほぼ互角という見方ができる。

タイセイビジョンはその後、朝日杯FS(G1)で2着に入っている。勝ち馬サリオスとは0秒4差だった。このタイセイビジョンをモノサシにして考えると、ビアンフェもG1で馬券圏内に入るレベルの馬という話になる。

ビアンフェは、この朝日杯FSではサリオスから0秒9差の7着だった。ビアンフェの手綱を取った藤岡佑介騎手はレース後、こんなコメントを残している。

「いいペースで行っていた割に、踏ん張ってくれています」

レースは前半3ハロン33秒8、1000メートル通過57秒2という、阪神のマイル戦にしては流れの速い競馬だった。ハナに立ち、この速い流れを作っていたのがビアンフェだったのだ。

これが初めてのマイル戦だったビアンフェは、自ら速い流れを作っただけに「踏ん張ってくれている」と藤岡佑騎手はコメントしたが、その裏にはこの馬にマイル戦は長過ぎるという印象を抱いた可能性がある。

ビアンフェはキズナ産駒だが、母父はサクラバクシンオーだけに、距離は短い方がいいのだろう。半姉のブランボヌールも2016年のキーンランドC(G3)を制するなど、短距離路線で活躍した馬だった。

一方のタイセイビジョンはタートルボウル産駒で母父はスペシャルウィーク。ビアンフェよりも距離が伸びていいタイプなのだろう。タラレバの話だが、もし朝日杯FSが1200~1400mで行われていたら、ビアンフェはもっと差のない競馬になっていたかも知れない。

 今回は1400m戦となる。ビアンフェにとって、この距離短縮は大きなプラス材料と言えそうだ。このレースにタイセイビジョンの名前はないが、G1で2着に入った馬と互角に渡り合った実力は、距離短縮となる今回は高く評価されるべきものであるに違いない。

今月4日(水)には栗東の坂路で5F51秒6、ラスト1F11秒9という好タイムを叩き出している。状態も万全と考えていいだろう。ビアンフェは『netkeiba.com』の予想単勝オッズでも3.2倍の2番人気となっている。函館2歳S以来となる、2つ目の重賞タイトル獲得の可能性は十分にあると考えて良い。

JRAファルコンS(G3)は不在のライバルがモノサシに!! 距離短縮でビアンフェの出番あり!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は