NEW

立川志らくの「浮気妻」にティッシュ買占め報道…ご意見番としての適性に疑問符

【この記事のキーワード】, ,

立川志らくの「浮気妻」にティッシュ買占め報道…ご意見番としての適性に疑問符の画像1

「週刊文春」(文藝春秋)に妻と弟子の不倫疑惑を報じられた落語家の立川志らく。自身が司会を務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)で「(離婚は)1億%ありません」と夫婦の絆の強さを強調したが、3月12日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)による続報で、妻の行動が“不倫よりヤバイ”と注目されている。

 念のため、志らく妻の不倫疑惑についておさらいしておくと、志らく一門の「おかみさん」を務める、元アイドルで妻の酒井莉加が、志らくの弟子と約3年前から不倫関係にあることを、3月5日発売の「週刊文春」が報道。記事中には“車中で行為におよぶ”様子が写真つきで生々しく描写され、不倫が疑惑ではなく事実である印象を強めている。

 もっとも、冒頭で触れた通り、志らくが離婚を否定したため、第一弾の時点では、視聴者の多くも“所詮は夫婦間の問題”と冷静に受け止めていたが、12日に発売された「週刊文春」によれば、志らくの妻が、複数の弟子に手を出しただけでなく、その際、“志らくの妻”“おかみさん”の立場を利用していたというのだ。

 これが事実であれば、単なる不倫ではなく、セクハラ・パワハラも疑われるが、さらに読者の注目を集めたのが、志らく妻による「弟子とティッシュ買い占め」のくだりだ。

 同誌によれば、2月28日、志らく妻は、弟子の1人を連れドラッグストアやスーパー、コンビニをはしご。ドラッグストアでティッシュペーパーをそれぞれ3セット、コンビニでトイレットペーパーのパックをそれぞれ両手に抱えるほど購入していたというのだ。

 志らくといえば、『グッとラック!』で「ドラッグストアでトイレットペーパーがないってだけで暴言吐いたり、蹴っ飛ばしたり。そんな爺さん婆さんは昔を思い出して新聞紙でケツ拭けって言いたくなるね。二袋買っちゃうとか、自分さえよければいいっていう人が本当に多い」としたり顔で苦言を呈していたが、文春の報道が真実であれば、なんてことはない、自分の家も同じ穴のムジナだったわけだ。

 SNS上では、〈夫が「デマに騙されてトイレットペーパー買う人はバカだなぁ」と笑ってたので「私が普段からストックしてるから買いに行かずに済んだだけであって、あなたが我が家のトイレットペーパーの在庫を気にして買いに行ったことがこれまで一度でもあったか?私の努力にタダ乗りするな」とキツく言ってしまった〉というツイートが、20.2万いいねを集めるほど共感を呼んだばかりだが、自分の家の内情も省みず、他人を批判していたことがあらわになった志らく。

 妻の不倫疑惑よりも、司会・コメンテーターとしての適性に疑問符がつけられたことのほうが、痛手だったかもしれない。

立川志らくの「浮気妻」にティッシュ買占め報道…ご意見番としての適性に疑問符のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • その他
  • 総合

関連記事