NEW

パチンコ時速「3万発オーバー」!?「韋駄天級の出玉性能」誕生!! 

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ時速「3万発オーバー」!?「韋駄天級の出玉性能」誕生!! の画像1


 勝負は秒で決まる。ぶっちぎりのRUSH性能。

『PAスーパー海物語IN地中海』、『PヤッターマンVVV』と立て続けにリリースしたSANYOグループが、早くも新台パチンコ『P大工の源さん 超韋駄天』のティザーPVを公開した。

 コミカルなキャラクターから一転、やけにカッコよく描かれた源さんを主役に据えた本機は、大当り確率318.1分の1の1種2種混合機。初当り時の60.2%で6R(660個)消化後に『超源RUSH』へ突入し、3回+残保留1回の時短を得られる(通常6R大当り時は恩恵なし)。

 また、本機はヘソ入賞からのロングフリーズ→ラッシュ直撃抽選もあり、その数値は65536.0分の1。先に述べた大当り確率318.1分の1は、液晶大当り319.68分の1とロングフリーズとの合算確率となる。

 RUSH中は大当り確率が2.06分の1まで跳ね上がり、大当り時のラウンド振り分けは9R(990個)が20%で3R(330個)が80%。継続率は破格の約93%で、継続中は時短変動約1秒、平均3.5秒という驚異的な速さで連チャンが繰り返されることとなる。

 時速出玉は約36000個と言われており、そのスピード感と破壊力の高さに業界関係者の期待も大きい。

 事実、先日公開された試打動画では約11分で1万発を越え、SNS上では「速過ぎ」「まさしく韋駄天級」「マジでこれは化ける」「増産すべき」などと話題沸騰。その出玉スピードは既存機トップレベルの呼び声高く、約10000万台の導入予定ながら注文が殺到しているようだ。

 同社は昨年、『PA元祖大工の源さん』を発売。甘デジで「確変突入→以降は2回の大当り確定。その間の確変図柄大当りで再度2回の大当り確定」といった初代のフルスペック仕様を踏襲した「V×2」ループシステムを、完全再現した懐かしの液晶演出はオールドファンのみならず幅広い層に支持されているが、今回の源さんは演出の世界観を含めてまるで別物である。

 甘デジ源さんのファンに受け入れられるか否かは分からないが、サラリーマンなど夕方から打つようなプレイヤーにはひと勝負に最適なマシンといえるだろう。


 気になる導入日は導入は4月20日を予定しているとのことだ。

パチンコ時速「3万発オーバー」!?「韋駄天級の出玉性能」誕生!! のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!