NEW

【JRA裏技】春競馬を勝利に導く『生きた情報』。武豊、ルメール、川田、ノーザンファームの内部情報でスプリングS、阪神大賞典、フラワーCを勝つ!

【この記事のキーワード】, , ,
【JRA裏技】春競馬を勝利に導く『生きた情報』。武豊、ルメール、川田、ノーザンファームの内部情報でスプリングS、阪神大賞典、フラワーCを勝つ!の画像1
スプリングSは過去にキタサンブラックも勝利した注目の一戦

 新型コロナウイルスの影響が競馬にも及び、JRA(日本中央競馬会)だけでなく地方競馬も無観客競馬を実施している。馬券の売り上げは減少傾向にあるが、ファンが密集して歓声が飛び交う競馬場はリスクが高くやむを得ないだろう。こういった影響が今後どこまで続くのか、現時点で詳細は不明だが、騎手や調教師といった競馬関係者に感染者が出ないことを願うばかりだ。

 競馬場や場外馬券売場での販売のみだった時代と違い、今はインターネット投票が普及して馬券売上の比率も高い。ゆえに無観客競馬であっても、ファンは馬券で楽しむことができるし、グリーンチャンネルの無料放送ですべてのレースが朝から自宅で見られるという効果もある。競馬ファンとしては無観客競馬の解除を待ちながら、自宅で声を張り上げて応援するのが週末の正しいあり方だ。

 今週はJRAとしては珍しい金曜~土曜~日曜の三日間開催。そして重賞は春のG1シーズンに繋がる重要なレース、スプリングS(G2)、阪神大賞典(G2)、フラワーC(G3)が行われる。来週から高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞と4週連続でG1レースが行われるが、その前に今週の三日間開催でしっかりと軍資金を稼ぎたいところ。そこでこの3つの重賞を制覇する、とっておきの裏技を紹介しよう。

 スプリングSは過去5年で1番人気がわずか1勝、昨年は10番人気エメラルファイトが勝利した難解なレースだ。しかし過去にキタサンブラック、ウインブライト、オルフェーヴルといった名馬が勝利したレースであり、過去の優勝馬は次の皐月賞も勝利した馬が多い。フラワーCは過去5年で10番人気以下の大穴馬が2頭も馬券に絡んでおり、こちらも波乱含みの一戦。そして阪神大賞典は過去にサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ゴールドシップ、ディープインパクトといった名馬が勝利しており、天皇賞(春)に直結する重要な一戦だ。これら3つの重賞レースを的中させるために必要なのは、やはり確かな情報であり、経験と実績に基づいたプロの分析であろう。そこで注目したいのが、創業25年の老舗であり、競馬界最強のプロフェッショナル集団が所属する「シンクタンク」だ。

【JRA裏技】春競馬を勝利に導く『生きた情報』。武豊、ルメール、川田、ノーザンファームの内部情報でスプリングS、阪神大賞典、フラワーCを勝つ!の画像2
レジェンドの一人平井雄二元JRA調教師

 このシンクタンクには元騎手、元調教師や、大物馬主、牧場関係者、騎手エージェントなど、競馬界のあらゆる分野のプロフェッショナルが集結。創業当初から「サクラ軍団」の馬で数々のG1レースを勝利した名伯楽境勝太郎元JRA調教師や、「怪物」と呼ばれたタケシバオーでビッグレースを制した古山良司元JRA調教師などの超大物が在籍。現在も、国民的アイドルホース・ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元JRA騎手・元JRA調教師、8戦8勝のパーフェクトホース・マルゼンスキーの主戦騎手を務めた中野渡清一元JRA騎手・元JRA調教師など、日本競馬に名を刻んできた正真正銘のレジェンドたちが名を連ねている。後輩にあたる現役関係者によると、

「お世話になった増沢さんに聞かれたら嘘は言えませんよ」

「信用できる先輩たちですから何でも話せます」

 と本音でありとあらゆる情報を提供しているという。さらにシンクタンクは、レース当日の提供時間ギリギリまで、

・天候や馬場状態
・騎手の健康状態
・調教師が口取りに馬主を呼んだか?
・馬券投資グループによる大量購入があるか?

 など各方面から裏付け取りをしている。これは通常のマスコミ(スポーツ紙や競馬専門紙)では決してできないことであり、まさにプロフェッショナル集団といえよう。シンクタンクは全国各地に広がる情報ルートが組織的に動いているからこそ、多角的な情報分析が可能。情報の量、そして質ともに他社では決して真似できないレベルにあるのだ。

 だからこそ、シンクタンクの的中実績は凄まじい。今年も多くのレースを的中させているが、圧巻は1000倍馬券が飛び出した日経新春杯(G2)だ。このレースは逃げて11番人気で3着に好走したエーティーラッセンの取捨がポイントだった。多くのスポーツ紙や競馬専門紙はこの馬を無印としていたため、超人気薄となっていたが、シンクタンクが入手していた情報は別だ。

「日経新春杯で特大万馬券的中の立役者となったエーティーラッセンについては、当初は今年2月一杯で引退を迎えた四位騎手が騎乗予定だったものの、ハンデが51キロと陣営の想定より軽くなったため、四位騎手が乗れる斤量ではなくなり、藤懸騎手になる裏事情がありました。引退間近の四位騎手が騎乗予定だったということもあり、勝負仕上げで臨んでいたから起こり得た激走と言えるでしょう。11番人気が示すように、この情報を知らなければ、なかなか手が出ない馬だと思います。利用されたファンの皆様には非常に喜んでいただきました」(シンクタンクスタッフ)

 と当然のように語ってくれた。つまりシンクタンクにとって、こういった特別な内部情報の入手は日常茶飯事。実際に武豊、ルメール、川田、ノーザンファームといった競馬関係者絡みの内部情報はすべて網羅しているといっていいだろう。それは毎週のように的中させている万馬券や穴馬券を見てもリアルな話だ。そしてシンクタンクを利用した人だけが、その恩恵を受けたのである。この日経新春杯の配当は3連単11万680円、3連複2万9380円、馬連2070円というかなりの高配当。このレースは、多くのスポーツ紙や競馬専門紙が本命に挙げていた武豊のレッドジェニアル(1番人気7着)を中心に馬券を購入したファンも多かったと思うが、もしシンクタンクの情報を知っていればと悔やんだ人も多いだろう。

【JRA裏技】春競馬を勝利に導く『生きた情報』。武豊、ルメール、川田、ノーザンファームの内部情報でスプリングS、阪神大賞典、フラワーCを勝つ!の画像3
昨年は波乱のスプリングS。今年は…

 まさにそんな特別な情報力と分析―力を持つシンクタンクが、今週の三日間開催で行われる3つの重賞レース(スプリングS、阪神大賞典、フラワーC)の【情報注目馬5選を特別無料公開】するという。なんと完全無料公開なのだ。

「今週は異例の3日間開催。いつもと違った状況や変化する状況に即対応するためには、そのための準備態勢が必要となります。シンクタンクは、全国各地に広がる情報ルートが組織的に動いており、常に新しい『生きた情報』を入手しているから、どんな状況にも対応できます。今回の無料公開は、コロナウイルスの影響を受けている競馬を盛り上げるための特別企画。競馬場に行けなくても競馬を楽しんでほしいと企画しました。ぜひ多くの人に参加していただきたいですね」(シンクタンクスタッフ)

 彼らのコメントからは競馬に対する「熱い思い」が感じられる。それはシンクタンクのスタッフにとって競馬は単なるビジネスではなく、彼らが長年携わってきた人生そのものだからだ。そんな彼らが提供するこの【三日間開催の特別無料企画】は必見。ぜひこの情報を活用し、競馬を楽しもうではないか。

CLICK→無料公開!【スプリングS・阪神大賞典・フラワーCの注目馬5選!】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

【JRA裏技】春競馬を勝利に導く『生きた情報』。武豊、ルメール、川田、ノーザンファームの内部情報でスプリングS、阪神大賞典、フラワーCを勝つ!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合