NEW

JRA中山牝馬S(G3)に極太◎発見!「関係者(秘)情報」で完全攻略へ!!

【この記事のキーワード】, ,

 今週「現場の声を重視するブロディN」が挑むのは、14日(土)に開催される中山牝馬S(G3)だ。独自のルートからもたらされた「関係者(秘)情報」で難解なレースを読み解く。

 本命「◎」に選んだのは、エスポワール(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

JRA中山牝馬S(G3)に極太◎発見!「関係者(秘)情報」で完全攻略へ!!の画像1

 3番人気と期待された秋華賞(G1)こそ9着に終わったが、その後は修学院S(3勝クラス)を快勝し、ターコイズS(G3)でも2着に入るなど、高い能力を持つことを証明した。今回は前走後に、主戦のM.デムーロ騎手が「この馬には200m短かったです」と明かしたこともあり、距離延長して重賞初制覇を狙う。

「ミルコの進言もあり、陣営はマイルの時計勝負では分が悪いと判断して1800m戦に挑戦。またスタッフは『血統的にも奥手のタイプ。最近、芯が入ってきた感じですし、グングン良くなってきた』と、その成長に目を細めていました。ここを勝てば大きく飛躍を遂げる可能性もあります」(栗東関係者A)

「〇」にはゴージャスランチ(牝5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)を指名した。

 昨年のエリザベス女王杯(G1)ではゲート内で大暴れしたため、出遅れて12着と惨敗。だがスタッフは「前走の出遅れは偶然。中間のゲート練習では問題ありませんでした」と、影響はないと明かす。

「2走前は日本海S(3勝クラス)で逃げ切り勝ちを飾るなど、前に出る競馬を展開して健闘。前走こそ、残念な結果に終わりましたが、前に出ることができれば上位争いが濃厚です。52キロという軽い斤量も好材料のひとつですね。

 最終追い切りは単走で軽めでしたが、スタッフは『動きは良かったですし、休み明けでも力の出せる態勢に整いました』と状態の良さには太鼓判を押していましたよ」(美浦関係者)

「▲」は、フィリアプーラ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。

JRA中山牝馬S(G3)に極太◎発見!「関係者(秘)情報」で完全攻略へ!!の画像2

 中山競馬場ではフェアリーS(G3)を勝利し、古馬との初顔合わせとなったターコイズSでは上がり最速の脚を使って4着に入っている。これまで4度出走していずれも掲示板を外さない走りをしていることもあり、期待が高まる。

「最終追い切りは、前後に馬を置いて、実戦をイメージする形で行われたようです。馬なりでしたが、動きは軽やかでしたし、スタッフも『昨年の重賞を勝った頃と比べても数段デキが違う。力がついてます』と自信をのぞかせていました。持ち味を生かすことができれば上位進出もあるはずです」(競馬誌ライター)

JRA中山牝馬S(G3)に極太◎発見!「関係者(秘)情報」で完全攻略へ!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
  8. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  9. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  10. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち