NEW

スーマラ武智「低所得者の馬鹿」発言で再び大炎上… “上沼恵美子騒動”から2年経たず「反省ゼロ」に呆れ声も

【この記事のキーワード】

, ,

スーマラ武智「低所得者の馬鹿」発言で再び大炎上… 上沼恵美子騒動から2年経たず「反省ゼロ」に呆れ声もの画像1

 吉本興業所属のお笑いコンビ・スーパーマラドーナ武智が12日、自身のインスタグラムで生ライブを配信。そこで放った視聴者への「暴言」が大きな物議を醸している。

 この日、酷く泥酔していた武智は、視聴者の書き込みに対し終始イラつきを見せており、冗談めいた煽りコメントに「お前が先に死ね」「何が分かんねん」などとガチギレ。さらには「低所得者の何の未来もない馬鹿が言うてくるから」と、社会的弱者を見下すような発言もあった。

 この一連の暴言はすぐさまネット上に拡散され、大炎上。ファンからは「いい加減にしろよ」「“低所得”はいくらなんでも酷すぎるわ」と怒りの声が相次いでいる。

「武智さんはかなり酔っぱらっている様子で、呂律すら回っていない時もありましたね。この体調では正常な判断ができないのも仕方ないでしょう。コロナウィルスの影響で舞台に立てないストレスもあったようですし。

とはいえ、視聴者の多くは武智さんの熱心なファン。その人達に対し暴言を放つのはタレントとして、人としていかがなものでしょうか……。言動を見る限り、日頃の鬱憤を視聴者にぶつけて“うさ晴らし”しているようにも見えました。これでは、単なる八つ当たりですよ」(芸能ライター)

 一夜明け、劇場の生配信に登場した武智は、相方の田中一彦から“お尻叩きの刑”が執行され「すみません。そういう人間と捉えてください」と深く謝罪。前日の発言を酷く反省しているように見えたが……。

 武智の「泥酔暴言騒動」はこれが初めてではない。

「2018年の漫才コンクール『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の際、放送終了後に酒を飲みながら生配信を行い、とろサーモン・久保田かずのぶと共に審査員で大先輩の上沼恵美子さんを名指しで批判。この時もネットは大炎上となりました。

つまり、酒が絡んだトラブルは今回で2度目。それから2年も経たずにして再び騒ぎを起こしたわけですから、『本当に反省しているの?』『また同じトラブルを起こすんだろ』と呆れるファンも多いです」(記者)

 典型的な“酒に飲まれる”タイプの武智。もちろん飲むのは個々の自由だが、せめて人の迷惑にかからないところでやっていただきたい。

スーマラ武智「低所得者の馬鹿」発言で再び大炎上… “上沼恵美子騒動”から2年経たず「反省ゼロ」に呆れ声ものページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!