NEW

JRA無観客なのに拍手!?「競馬場に来られないファンの分まで」オジュウチョウサン圧勝劇に意外なところから……

JRA無観客なのに拍手!?「競馬場に来られないファンの分まで」オジュウチョウサン圧勝劇に意外なところから……の画像1 14日、土曜阪神8R阪神スプリングジャンプ(J・G2)は、1年ぶりの障害レースとなった昨年の覇者オジュウチョウサン(牡9、美浦・和田正一郎厩舎)が出走。昨年の最優秀障害馬シングンマイケルに9馬身差をつける圧勝で絶対王者の貫禄を見せつけた。

 ただ、残念なことに新型コロナウイルスの影響を受け、JRAでは先週に続き、14日、15日も無観客競馬で開催。いつもは賑やかなパドックやスタンドも静まり返り、関係者からは、一刻も早い通常開催を待ち望む声も多く聞かれている。

 オジュウチョウサンは、ファン投票3位で18年の有馬記念に出走するなど、人気のある馬であることでも知られている。1年ぶりとなる障害レース復帰を心待ちにしていたファンとしては、現地に駆けつけて祝いたかったのではないだろうか。

 期待に違わぬ走りで自身の障害復帰戦を見事な勝利で飾った。だが、それを祝ってくれるファンの姿はなく、静かな勝利となるはずだった。

 ところが、意外なところから割れんばかりの大きな歓声が鳴り響いた。絶対王者の圧勝劇にスタンドにいた他の厩舎のスタッフや競馬場で働く職員から拍手が沸き起こっていたのである。

「無観客なのに、大きな、割れんばかりの拍手でした。私の個人的な思いですけど、みなさん、競馬場へ来ることができないファンの分まで、強い競馬をしたオジュウ、出走した馬たちに拍手をしてくれたんだと思います。すごい拍手でした」

 同馬を管理する和田正一郎調教師は予期していなかった祝福に目頭を熱くした。

 主戦の石神深一騎手も「強いですね。脱帽です。(無観客だが)皆さんに見てもらいたかった」と胸を張った。

 オジュウチョウサンの今後は短期放牧を挟み、5連覇のかかる中山グランドジャンプ(J・G1)へ向かう見込み。

 2月29日(土曜)から始まった「無観客競馬」もはや3週目に突入している。JRAからは当面の間と発表がされており、春のG1シーズンも近づいてもなお、まだ先が見えない状況である。

 関係者の誰もがファンのいる「いつもの」競馬場に戻ることを願っている。

JRA無観客なのに拍手!?「競馬場に来られないファンの分まで」オジュウチョウサン圧勝劇に意外なところから……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!