NEW

JRA「開催ストップ」間もなくか……新型コロナウイルス影響で英・仏・米で「競馬中止」相次ぐ

JRA「開催ストップ」間もなくか……新型コロナウイルス影響で英・仏・米で「競馬中止」相次ぐの画像1

 コロナウイルスの感染拡大防止による余波が留まるところを知らない。これまで世界各国では無観客で競馬を開催しているところが多かったが、ついに中止の決断を下した国も出てきたようだ。

 まずはイギリス。世界でもトップクラスの知名度を誇る障害戦・グランドナショナル(G3/芝約6870m)は、英国政府が感染対策の強化を表明したこともあり、中止が決まった。

 1836年に創設されたグランドナショナルは、40頭近く出走するも、ゴールまでたどり着くのが10頭以下になる年も多く、世界一過酷なレースとしても言われていた。そのため動物愛護団体から批判の対象となっているものの、馬券の売上額において、日本の有馬記念を上回ることもあるなど、高い人気を誇っていた。

 今年は昨年45年ぶりに連覇を達成したタイガーロールが史上初となる3連覇を目指して出走するとあって、注目を集めていたのだが、挑戦することすら叶わなくなった。

 さらにフランスでは深刻だ。フランス・ギャロは16日、翌日の3月17日から4月15日まで競馬の開催自体を行わないと発表。フランス・ギャロの会長らは「私たちの最優先事項は業界全ての関係者の健康と、法令順守だ。何よりも、コロナウイルスの世界的流行からそれらを保護したい」と声明を出している。

 春のクラシックを狙う素質馬たちを管理している陣営は、ローテーションの組み直しを余儀なくされるため、頭を抱えることになるだろう。

 そしてアメリカでも中止やレースの延期を決めた地域があるという。ケンタッキー州のキーンランド競馬場が、4月2日から24日の開催を中止すると発表している。

 またチャーチルダウンズ競馬場では、ケンタッキーダービー(G1)を予定通り5月2日(土)に開催すべく動いていたが、9月まで延期されることになったと一部のアメリカメディアが伝えている。決定すれば、これも異例のことだ。

 日本を含め、世界各国で競馬以外でも多くのイベントが中止に追い込まれている。JRAを始め日本では現状、無観客競馬が行われているが、世界と足並みをそろえる可能性は日に日に高まっている。コロナパニックがいち早く終息することを祈りたい。

JRA「開催ストップ」間もなくか……新型コロナウイルス影響で英・仏・米で「競馬中止」相次ぐのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか