NEW

JRAフラワーC(G3)シーズンズギフト「中山1800名人・横山典弘」は頼もしい味方!? エピファネイア産駒初重賞制覇の期待高まる

【この記事のキーワード】,

JRAフラワーC(G3)シーズンズギフト「中山1800名人・横山典弘」は頼もしい味方!? エピファネイア産駒初重賞制覇の期待高まるの画像1 20日、金曜中山のメインはフラワーC(G3)が開催される。正式なトライアルレースではないが、桜花賞出走へ向けての最終関門の意味合いも強い。また、今年の桜花賞の出走賞金ボーダーは史上最高といわれるほどの激戦となっている。このレースの結果が、桜花賞出走馬の顔触れに及ぼす影響も大きいと予想される。

 なかでも注目したいのはエピファネイア産駒のシーズンズギフト(牝3、美浦・黒岩陽一厩舎)ではないだろうか。

 2戦2勝で挑む同馬のレース内容が非常に秀逸だ。デビュー戦の福島・芝2000mでは、後方から軽くまくって上がり最速の快勝。2着に負かしたキングオブドラゴンは京成杯(G3)を5着したように実力馬だった。2戦目となった若竹賞(1勝クラス)では、中団から早めに前を捕まえに行くと、またもや上がり最速で突き抜けた。

 3歳馬とは思えない大人びたレースぶりは、高いポテンシャルを感じる内容だった。

 フラワーCの1週前追い切りでは「体全体をうまく使えていて良い動きでした。順調です。中間はリングハミに替えましたが、操縦性も良くなりましたし、楽しみです」とコメントしているように管理する黒岩陽一調教師は確かな手応えを掴んでいるようだ。

 ブレイクしているエピファネイア産駒とはいえ、重賞では京成杯(G3)をスカイグルーヴが2着、昨年は京都2歳S(G3)をロールオブサンダーが3着、京王杯2歳(G2)をヴァルナが3着にとどまり、今一歩のところで重賞制覇に手が届いていない。

 シーズンズギフトには、エピファネイア産駒初となる重賞勝ちもかかっており、同馬に対する期待は高まっている。

 それだけに今回、横山典弘騎手を鞍上に迎えることは非常に大きなアドバンテージになるといえそうだ。同騎手はソツのない騎乗でダノンキングリーを導き、1日に行われた中山記念(G2)を制したばかり。この勝利により単独最多となる中山記念5勝目をあげている。

 また、中山記念に限らず、フラワーC(G3)やスプリングS(G2)といった同じ中山・芝1800のレースでも好成績を収めていることも心強いパートナーといえそうだ。

 中山1800名人の華麗な手綱さばきにも大いに期待したい。

JRAフラワーC(G3)シーズンズギフト「中山1800名人・横山典弘」は頼もしい味方!? エピファネイア産駒初重賞制覇の期待高まるのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は